2017年6月20日 (火)

今日の一冊(74)『がんに効く最強の統合医療』

20170620002

がんに効く最強の統合医療』(日本統合医療学会 監修)

がん研有明病院漢方サポート科元部長の星野惠津夫先生の近著です。
がん研を退職されたのですね。空海記念統合医療クリニック院長の肩書きになっています。

日本統合医療学会は、ちょっと評価に迷う団体ですね。ホメオパシーの帯津良一氏やエネルギー療法の川嶋朗氏がいるかと思えば、『がんの補完代替医療ガイドブック』の大野智氏もいる。そこが力を入れている空海記念統合医療クリニックに院長として行かれたわけだ。

されはさておき、本書の内容を先入観なしに紹介してみます。

がんで闘病中の皆様に申し上げたいことは、主治医の提案する治療法以外にも、有用な治療法はいろいろあるということです。
しかし、「がんが消える」と自称する本や治療法には、効果に乏しいものや、詐欺まがいのものも多数含まれています。
ですから、情報をしっかりと集めたうえで、正しいものを見極めて、治療法を組み立てる必要があります。
(「はじめに」より)

と、カバー裏に書かれています。日本統合医療学会が「患者のための統合医療ガイドブック」という位置づけで出したということです。

Gan0005

Gan0003_2

第6章はそれぞれの専門医が執筆していて、膵臓がん患者にも気になる、血管内治療・ラジオ波焼却療法・KM-CART・ガンマナイフ・サイバーナイフ・ハイパーサーミア・腹腔内投与療法などの治療法が丁寧に紹介されています。骨セメント注入療法は知らなかったですね。

星野氏が本書で訴えたいことを端的に言えば、次の図のように

Img

なろうか。

わが国のがん治療医のほとんどは、自分の知っている治療法しか示しません。実際には化学療法しか知らない「化学療法専門医」や、手術の片手間に化学療法を行う外科医が多いのです。

自分の知っている抗がん剤の中に有効なものがなければ、「医学の限界」として、「もはや治療法はない」といってさじを投げ、患者さんを緩和ケアにゆだねます。しかし、それは「医学の限界」ではなく、その医師の「知識・技術・治療ネットワークの限界」です。実際には他に治療法のある場合が多いのです。

実際、私ががん研有明病院で診療したがん患者さんのなかには、担当医から「余命数ヶ月」と宣告されたにもかかわらず、本書に書かれたような統合医療により、長期間元気に人生を楽しんでいる方が少なくありません。

こうした考え方は、以前に紹介した『このまま死んでる場合じゃない』の放医研の岡田直美医師にも通じるものです。

カイジ顆粒などは、もっとがん患者にしられてもよいものだと思うのですが。最後の瞑想療法は、私も勧めているのですが、本気で取り組む患者は稀ですね。効果があるのだけど。

膵臓がんに関してもいくつか触れられています。手元に置いておきたい推薦できる新刊です。

2017年6月19日 (月)

父の日

昨日は父の日、がん10周年、69歳の誕生日と3つの祝を一度ですました。

娘からのお祝いは、一刻者の長期貯蔵・限定品。
これに「いきなりステーキ」でテイクアウトした4種類のステーキで夕食というか、料理が寂しいけど、家族の呑み会。

六代目百合と飲み比べたが、軽くて飲みやすい女性向けの酒かな。のど越しは良いし香りも良いが、私の好みはどちらかというと六代目百合だなぁ。

20170618_175427

20170618_180751

何気ない平凡な時間の中に幸福があるのだろう。

後白河法皇が編纂させたといわれている『梁塵秘抄』に、

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん 
遊ぶ子供の聲きけば、我が身さへこそ動がるれ

の今様があります。人生の目的があるとすれば、それは金や地位や名誉ではなくて、「遊ぶ」こと。「遊ぶ」とは何か熱中できるもので、できれば他人の役にたつもの、役にたたなくてもいいけど。・・・じゃないかなぁ。

2017年6月17日 (土)

今年のASCO

ASCOも終わって、国内でもぼちぼち関連報道が増えているが、免疫チェックポイント阻害剤も大騒ぎが終わり、後発の臨床試験が増えてきた様子。

極わずかな違い、1ヶ月延命できるかどうかを喧喧がくがくしているが、まぁ統計とはそんなもの。「極わずかの違いしかない時に、相手を説得する技法」なんだから。

製薬企業の販売促進には使えるだろうが、

で、がん患者はどうすれば死なないですむのか?には何も答えてくれない。

2017年6月15日 (木)

10年目の検査結果

がん研での血液検査、造影CT検査の結果です。
結論は「異常なし」で、膵癌患者を「卒業」です。

先生 「もう卒業でいいでしょうが、どうしますか?」
私 「縁がなくなるのも寂しいし、年に1回血液検査をしていただき、生きていることを確認してください」
先生「分かりました。では来年の予約を入れておきましょう。気が変わったら来院しなくてもよいですよ」

先生「10年前の患者は10年生存は少なかったですが、今はどんどん生存率が伸びてきていますから、10年生存率も次第に高くなると思いますよ。あなたのころはGEMでしたが、TS-1に変わってから大きな変化が起きていますからね」
とのこと。

最近手術した患者は、さらに希望が持てると思いますよ。

血液検査結果です。

Img_0001_2

基準値外がいくつかあるが、どれも極わずかに外れているだけです。HbA1cは、日本糖尿病学会と日本老年医学会が共同で発表した「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標について」によれば、65歳以上の高齢者は、下限値6.5%を目標とすべしとなっています。がん研のシステムがこれに対応していないということでしょう。6.1%なら良すぎるくらいです。糖質制限食と運動、インスリンが効いているのでしょう。

GOTもわずかに高いが、これは毎晩焼酎を飲んでいるのだから致し方ない。止めるつもりもない。

血液検査からは、ほとんど健常者ですね。「あなたは膵臓がんをやったら健康体になったね」と地元の先生からは言われたことがあるが、この傾向を続けるよう努めましょう。

がん研も増築でタリーズのコーナーも移動して広くなっていました。

20170615_094715

CT検査のために朝食抜きだったので、サンドイッチと珈琲で遅い朝食。外のベンチは心地よい風が吹いていました。帰りには東京會舘の「會舘オムライス」を二つテイクアウトして、妻との昼食にしました。値上がりして1200円になっていた!

1984年 (まんがで読破 MD100) 来月は甲状腺がん経過観察の超音波検査があるが、これはまったく気にしていない。なにしろ、甲状腺がんで最も多い乳頭癌の場合なら10年生存率92%ですから、天寿の方が先にやって来る。

自公の共謀罪法案、強行採決は許せない。ジョージ・オーウェルの「1984年」が現実になるのではないか。この漫画、良くできていますよ。

2017年6月12日 (月)

新しいサイトを構築してみたい

このブログも10年になる。そろそろ新しいサイトでも立ち上げてみようかなぁ。
頭がはっきりしていられるのは、せいぜいあと10年くらいだろうから、今のうちに新しいことにチャレンジしておきたい。

ということで、Wordpressを使って、ひな形をつくってみた。

20170612001

アメバやココログとちがって、一から自分の思いどおりになるのが気持ちいい。
タイトルもキャプションも思いつきで設定したものです。

で、何を書くか? いろいろとアイデアはあるが、じっくり取り組んでみる。

しかし、Wordpressはブログにも固定ページにも対応していて超使いやすいね。Dreamweaverやホームページビルダーなんか、取っつきが悪いし、融通がきかない。

このブログももちろん残して置くが、更新は少なくなりそう。

«がん記念日

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ