2017年4月26日 (水)

運転免許証がない!

確認することがあって年金事務所へ行った。最近はどこでも本人確認を求められる。ここでも同じで、免許証を出そうとしたが、財布の中にない!

その場は健康保険証とキャッシュカードで済ましたが、家に帰ってカバンや車の中など、思いつくかぎり探したが、やはり、ない。

たぶん他のカードを出すときに誤って落としたに違いない。いつ落としたのかも分からん。この間は知らずに免許証不携帯で運転していたことになる。そういえば交差点で一時停止違反で危うく検挙されそうなこともあった。

運が良かっただけかも。落としたことが分かってからも何度か原付バイクには乗ったが(本当は違反だよ!)、30キロの法定速度厳守の安全運転。

今日はあさイチで鮫洲の運転免許試験場に行って再交付を受けてきた。

4年ぶりだが、建物も新しく広くなっていた。写真を撮ってから30分で新しい免許証ができあがってきた。早い。

昔の鮫洲で撮った写真は、フラッシュを使っていたので酷かったが、写真撮影機材も新しくなって間接照明になったのか、結構いい男に撮れている。(自己評価です)

再発行後、8桁の暗証番号を設定して本籍を確認させるけど、あれにはどんな意味があるのかしら。わからん。そもそも本籍をICチップ入れてまで免許証に載せる必要があるのか。

手数料3500円也。勿体ないが致し方ない。

2017年4月25日 (火)

東北だったからまし 発言

今村復興大臣の発言。「これはまだ東北で、あっちの方だったから良かった。これがもっと首都圏に近かったりすると、莫大なですね、甚大な被害があったと思う」

つい日ごろの本音が出ただけだよなぁ。被災者に寄り添うべき復興大臣としては、とんでもないミス人事。

この大臣の発言、続いて「社会資本などの毀損も、いろんな勘定のしかたがあるが25兆円という数字もある。これは、まだ東北のほうだったからよかったが、もっと首都圏に近かったりするとばく大な額になる」

つまり、彼が「被害」と言っているのはお金のこと。亡くなった方とか心に傷を負った方のことを言っているんじゃないですね。そんなものは「被害」の範疇に入っていない、彼の頭では。

同席してた安倍総理、すぐに謝罪したそうだが、その場で解任すべきだったよ。しかしまぁ、次から次へと、長靴なくておんぶの方とか、出てくるよなぁ。

ミサイルが飛んできたら、地面に伏せて頭を押さえろ? 戦中の「焼夷弾が落ちてきたら防空ずきんをかぶって・・・」に通じる。

諸岡カリーマが東京新聞のコラムに、アルカイダの幹部がこのように語ったと書いている。

標的として、当初はいくつかの原子力発電所が候補に挙がった。だが収拾がつかなくなる可能性があるので、やめた。今のところは

金正恩がこの程度の思慮分別さえも持っているかどうかは怪しい。岩国や横須賀よりも美浜、大飯、高浜を狙った方が、距離が近いだけに命中精度は高いだろう。それに原発の建屋は頑丈に作られているが、天井は弱点。厚いコンクリートなど打てやしない。しかし、ミサイルは上から落ちてくる。偏西風は西には吹かないのだから北朝鮮は放射能の心配は要らない。

それにしても危機を煽りすぎじゃないのか。戦争は外交が頓挫したときの最後の手段ではないのか。

岡山大、肝転移の膵臓がんで治験

山陽新聞の記事ですが、『岡山大「REIC」で肝がん治験 医師主導で5月にも開始』によれば、肝転移した膵臓がんも対象になっているようです。

この記事を書いた記者、肝転移した膵臓がんを「肝がん」と書くなど、知識が不足していますね。ま、それは措いといて、

 岡山大は24日、がん抑制遺伝子「REIC(レイク)」を用いたがん治療の製剤について、肝がん患者を対象にした臨床試験(治験)を5月にも岡山大病院(岡山市北区鹿田町)で始めると発表した。製薬会社が主体ではなく、医師主導で行う。
 REICは同大が2000年に発見。がん細胞のみを選んで自滅させるとともに、がんに対する患者自身の免疫を活性化させる働きがある。同大などは、がん細胞への運び役「アデノウイルス」とREICを組み合わせた製剤を開発。実用化に向け、前立腺がんを対象にした治験を米国で実施しているほか、悪性中皮腫に対する治験に岡山大病院など国内3施設で取り組んでいる。
 今回は肝がんのうち、肝細胞がんと、膵臓(すいぞう)がんから転移した患者を対象に行う。病状が進行した12~18人を3人ずつのグループに分け、同大発の創薬ベンチャー・桃太郎源(岡山市北区柳町)が提供する製剤を2週間おきに計3回、腫瘍に直接注入する。グループごとに製剤の濃度を変え、安全性や治療効果を評価する。治験は1年程度で終わる見込み。

次のファイルををダウンロード

20170425003_2

REIC遺伝子を強制発現させると、がん細胞選択的に細胞死(アポトーシス)が誘導されることが実証されました。REIC遺伝子の異常は、ヒトの前立腺癌ではほぼ100%に、近年社会問題化している悪性中皮腫を含む多くのがんでも高率に認められ、がんをターゲットとする遺伝子治療として幅広い運用が可能です。この遺伝子を細胞に導入すると、正常細胞には影響がなく、がん細胞だけを選択的にアポトーシスに導きます。

とのことですが、がん細胞だけを細胞死(アポトーシス)させるとは、前にこのブログ「今日の一冊(71)」で紹介した小説『がん消滅の罠 完全寛解の謎』に使われた方法ですね。小説では、アポトーシスをコントロールすることで、政治の舞台の中枢にいる患者たちを思い通りに操ろうとしたのでした。

小説の世界が現実の治療法になるとは、おもしろい。

岡山大学 「私たちの取り組み」
全ての臨床試験は終了となっていますので、5月には新たに医師主導治験が始まるのでしょう。

アデノウイルス製剤の開発 : REIC

2017年4月24日 (月)

金魚さんの赤紫蘇ジュース(2)飲んでみた!

ブログ「Walk Strong  ~自分のために 大切な人のために歩き続けよう~」を書かれて、大腸がんの元ナース 金魚さんがプロジュースした「Lieber Perilla(リーバーペリーラ)赤しそ飲料」が届きました。

さっそく試飲。まずはストレートで。

酸味がもっときついのかなと思ったが、それほどでもなく、ほのかで上品な甘みが喉をするするっと通過していきます。充分に冷やして飲んだのですが、口当たりの良い飲み心地でした。

スマホの写真でグラスも安物ですみません。

20170422_191538

次に焼酎の赤紫蘇割り。焼酎と1対1で割ったのですが、これも良いです。いくらでも飲めて飲み過ぎそうです。ただ、1対1はすこし赤しそ飲料が多すぎたようです。焼酎の香りが殺されてしまいます。焼酎2に赤しそ飲料1位でも良さそうでした。

20170422_191728

 

ちなみに、森伊蔵は瓶だけです。中身は一升瓶から移した六代目百合ですが、これで割るのならもっと安い焼酎で充分ですね。むしろ焼酎の芋の香りがあまりしない黒霧島あたりで良いと思います。

アレルギーに対する効果?もちろん、一杯飲んだだけでは分かりません。が、ほろ酔い気分で上品な酔い加減でした。金魚さん、良い商品をありがとうございます。

私からもお薦めです。今はAmazonに在庫があり(多分すぐになくなります。金魚さん、どんどん在庫を入れてくださいね)、2本買えば送料無料です。

2017年4月23日 (日)

第5回『すい臓がんカフェ』の報告

今回もたくさんの患者さん、家族が参加されました。
皆さん、お疲れさまでした。

ハマリョウさんの講演『初回の手術から7年、2度の再発・再手術から学んだこと』は、手術、放射線、抗がん剤の具体的な治療法のできる施設の紹介もされ、参考情報として保存版にもなり得る内容でした。当日のスライドをこちらにPDFでアップしてあります。

「がん治療の虚実」の押川先生は、大人気で、たくさんの方に囲まれて、一つ一つ丁寧に答えていただきました。あまりに大勢なので、私などは近寄ることも遠慮して、お話が良くは聞き取れませんでした。でも皆さん、納得されていた様子でした。

「このまま死んでる場合じゃない」の共著者、患者である善本さんも、みなさんに囲まれて、具体的な治療法の相談に乗っていらっしゃいました。驚いたのは、肝転移、腹膜播種の患者の相談に対して、その場で治療可能なお医者さんに電話でコンタクトを取り確認をしていたことです。岡田先生を「ジャンヌ・ダルク」と評していた善本さんですが、善本さんもジャンヌ・ダルクですね。

押川先生、善本様、たいへん有意義なカフェになりました。お礼を申し上げます。次回以降も、機会がありましたらぜひお越しください。

参加申込みができなかったという方も多いので、次回は定員を増やして二部屋をぶち抜いて開催する予定です。

2017年6月25日(日)  定員 120名
時間と場所は同じです。
申込みの受付は、6月2日と3日と、2回に分けて行います。時間などは後日ご案内します。

«GWの旅行計画は・・ない

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ