手術後10年~

2017年9月23日 (土)

彼岸花の命は短い-道元の死生観

2007年に膵臓がんの手術後、快気祝いにと伊豆の修善寺に一泊で旅行しました。奮発して老舗の新井旅館に泊まったのですが、近くの散策路で一輪の彼岸花が大木の幹に咲いているのを見つけたのです。

_mg_0611

旅館街から桂川沿いの遊歩道を歩き、竹林の小径を歩いてちょうど半分くらい来ると、和風ギャラリー「しゅぜんじ回廊」がある。このギャラリーの庭にある大樹の幹に、風の悪戯で種が飛んできたのだろう、盛りを少し過ぎた彼岸花が咲い ていた。

命の短い彼岸花が、樹齢百年以上かと思われる樹に抱かれていた。彼岸花の命は短くて、それを抱いている大樹の命は長いと感じるのが世間一般の感じ方であろう。膵臓がんの手術後の私もそうだった。

手術はできたが、いずれ再発・転移が避けられないのが膵臓がんです。自分の余命が見えてきたこともあり、人間とは、命とはと悶々としている時期でした。

しかし道元はそうではない。

道元の時間観念・生死観には驚く。すんなりとは納得できないのだが、いままでの自分の生死観がひっくり返されてしまう。

「正法眼蔵」の「現成公案」項には、

たき木、はひとなる、さらにかへりてたき木となるべきにあらず。しかあるを、灰はのち、薪はさきと見取すべからず。

しるべし、薪は薪の法位に住して、さき ありのちあり。前後ありといへども、前後際斷せり。灰は灰の法位にありて、のちありさきあり。かのたき木、はひとなりぬるのち、さらに薪とならざるがごと く、人のしぬるのち、さらに生とならず。しかあるを、生の死になるといはざるは、佛法のさだまれるならひなり。

このゆゑに不生といふ。死の生にならざる、 法輪のさだまれる佛轉なり。このゆゑに不滅といふ。生も一時のくらゐなり、死も一時のくらゐなり。たとへば、冬と春のごとし。冬の春となるとおもはず、春 の夏となるといはぬなり。

生と死に因果関係などはない。前後の関係もない。生は生で独立であり、死は死で独立である。冬が春になるといわないし、生が死になるとはいわないのである。

「時間」についてもすごいことを言う。時間とは存在である、というのだ。「有事」の項には、

しかあれば、松も時なり、竹も時なり。時は飛去するとのみ解会(げえ)すべからず。飛去は時の能とのみは学すべからず。時もし飛去に一任せば間隙ありぬべ し。

有時の道を経聞(きょうもん)せざるは、過ぎぬるとのみ学するによりてなり。要をとりていはば、尽界(じんかい)にあらゆる尽有は、つらなりながら時 々(じじ)なり。有時なるによりて吾有時(ごゆうじ)なり。

「時」は行過ぎるものでもやってくるものでもない。松も竹も人間も、己の体内にある己の「時間」をただごろごろと転がしながら、「今ここに」生きること、それしかないではないか、と私は一応理解したが、こんな壮大な哲学があったものだと。

生も死も、全宇宙の全現成としてそこに働いている姿である。彼岸花には彼岸花の時間があり、生があり死がある。それは彼岸花に備わっている時間であるから、大樹の時間と比較して長いとか短いということは意味のないことだ、と言っているのだ。

生より死にうつるとこころうるは、これあやまりなり。生はひとときのくらいにて、すでにさき ありのちあり。かるがゆゑに、仏法のなかには、生すなはち不生といふ、滅もひとときのく らゐにて、またさきありのちあり、これによりて滅すなはち不滅といふ。

生というときには、 生よりほかにものなく滅というときは、滅のほかにものなし。かるがゆゑに、生きたらば、 ただこれ生、滅きたらばこれ滅にむかひてつかふべし。いとうことなかれ、ねがふことな かれ。

生のときはただ生きよ。全力で生に仕えよ。余計なことは考えるな。死のときは、全力で死に仕えよ。生は生の全機現、死は死の全機現であるからしてそのまま受け入れよ、というのである。死を嫌悪するな。嫌うなと断言するのである。

全機現とは「人が持つ全ての機能を現し、発揮する」ことをよしとする道元の言葉です。

アップルのCEOだったスティーブ・ジョブズは禅に傾倒していたのですが、全機現という言葉を引いて、

  • 悩みの原因は比べることから起こります。
  • 比べると、自分にないものが見えるからです。
  • 比べない「絶対の世界」では、今あるものに目がいきます。

と語っています。

加島祥造は『求めない』の詩文集の冒頭に、

あらゆる生物は求めている。
命全体で求めている。
一茎の草でもね。でも
花を咲かせたあとは静かに
次の変化を待つ。
そんな草花を少しは見習いたいと、
そう思うのです。

と書く。そう、彼岸花は己の命を、生を全力で生きている。ただそれだけのことなのです。次の変化(死)を待つ。ただ、それが来るのを静かに待つ。大木との比較はしない。私もそんな草花を少しは見習いたい。

中野孝次や加島祥造をとおして道元の生死観を知ることで、少しは死への覚悟ができた気がしたものでした。ただ、「今を生きる」ことだけです。

続きを読む "彼岸花の命は短い-道元の死生観" »

2017年9月17日 (日)

死ぬ一時間前でも「どう生きるべきか」を問う

古稀に近づいた今、一番に思い出すのは高校生時代のこと。働き盛りのころや定年間近のことなどを措いて、その頃が一番懐かしく思い起こされるのです。

確かに仕事には熱中もしたし、それなりの成果も上げたと自負しているのですが、それらの時間を、高校生の頃のような、めくるめく喜びを伴って思い出すということはないのです。

イワン・イリイチの死/クロイツェル・ソナタ (光文社古典新訳文庫)

トルストイの『イワン・イリイチの死』に次のようなくだりがあります。イリイチがまもなく苦痛を伴った死を迎えようとするときの一節です。

「おまえには何が必要なのだ? 何がほしいのだ?」彼は自分に向けて繰り返した。

「何がほしいって? 苦しまないことだ。生きることだ」彼はそう答えた。

そして再び彼は全身を耳にした。意識を緊張させるあまり、痛みにも気づかないほどだった。

「生きるって? どう生きるのだ?」心の声がたずねた。

「だから、かつて私が生きていたように、幸せに、楽しく生きるのだ」

「かつておまえが生きていたように、幸せに、楽しく、か?」声は聞き返した。

そこで彼は頭の中で、自分の楽しい人生のうちの最良の瞬間を次々と思い浮かべてみた。

しかし不思議なことに、そうした楽しい人生の最良の瞬間は、今やどれもこれも、当時そう思われたのとは似ても似つかぬものに思えた。幼いころの最初のいくつかの思い出をのぞいて、すべてがそうだった。
~~~~~~
当時は歓びと感じていた物事がことごとく、今彼の目の前で溶けて薄れ、何かしら下らぬもの、しばしば唾棄すべきものに変わり果てていくのであった。

法律学校を卒業し、人生の成功の階段を上るにつれて、イリイチの人生から生気が失われていくのでした。いや、いま死の瀬戸際のベッドの上で振り返るとそう思えるのでした。

自分では山に登っているつもりが、実は着実に下っていたようなものだ。まさにその通りだ。世間の見方では私は山に登っていたのだが、ちょうど登った分だけ、足元から命が流れ出していたのだ・・・・・そして今や準備完了、さあ死に給え、というわけだ!
~~~~~~
(従僕や妻と娘と、医者と顔を合わせて) 彼らのうちに彼は自分を見出し、自分が生きがいとしてきたものをすべて見出した。そしてそうしたものがことごとくまやかしであり、生と死を覆い隠す恐るべき巨大な欺瞞であることを、はっきりと見て取ったのだった。(光文社古典新訳文庫 望月哲男訳より) 

イリイチは死ぬ1時間前に、落下しながらも光を見出します。そうして自分の人生は間違っていたが、まだ取り返しはつく、そのためには何をすべきか。死ぬ1時間前にこうした考えに到達するのです。

がんから助かりたい。死にたくない。もっと生きたい。そう思うのは自然なことです。しかし、イワン・イリイチのように「もっと生きるとは、どう生きるのだ?」と問い直してみることです。「楽しく、有意義な生き方をするのだ」、「ならば、楽しい、有意義な人生の時間とはどんな時間だ?」

サイモントン療法でも、がん患者が目標を立てることの大切さを強調しています。「もし、かろうじて命にしがみついているような状態だとしたら、それほどまでにしてやりたいと思うことはいったい何か?」を問うことを教えています。

やりたいことを仕事のためにあきらめてこなかっただろうか? 子供を育て家庭を切り盛りするために、自分のやりたいと思うことを後回しにしてこなかっただろうか? そして、今わくわくすること、夢中になれることをやりなさい。それががんに打ち勝つ健康への道につながるのだといっています。

続きを読む "死ぬ一時間前でも「どう生きるべきか」を問う" »

2017年9月11日 (月)

甲状腺検査 異常なし

今日は9:20の予約でがん研有明頭頸科の診察日でした。

先月の超音波検査の結果を聞いてきました。良性の腫瘍なのですが、念のための1年ごとの検査です。

2年前に20mmあった腫瘍が、今回は6mmにまで小さくなっていました。

「もう来年は来なくていいですかね?」
医師「まぁ、80歳の患者ならそうするけど、70歳前ですから、もう少し経過観察をしましょう」

「悪性化しても乳頭がんなら10年生存率は98%ですよね。天命の方が先に来ます」
医師「そうかもしれませんが・・・」

ということで、来年また経過観察になりました。

膵臓がんの経過観察で造影CTによって見つかった以上ですが、私は過剰死んだんだろうと考えています。でも、甲状腺の部分までCT画像をチェックしてくれていると言うことで、がん研の画像診断医に信頼感が高くなりましたね。一般の病院ではそこまでは見てくれないということでした。

続きを読む "甲状腺検査 異常なし" »

2017年8月31日 (木)

ブログのタイトルを変えました。

完治したのだから、「サバイバーへの挑戦」でもないだろうと、ブログのタイトルを変更しました。

良寛さんの辞世の句、

  散る桜  残る桜も  散る桜

から拝借して、生き残ったのは「たまたま」だから、余生はロスタイムと考え、のんびりと過ごします。

ブログを閉めようかとも考えましたが、2000ページもの記事を捨てるのも勿体ないし、『すい臓がんカフェ』は続けるので、やはりこのブログは残しておきます。

タイトルは、

  • 負けてたまるか!膵臓がん闘病記
  • 膵臓がんサバイバーへの挑戦
  • 残る桜も 散る桜

と変遷してきましたが、その時々の私の想いが凝縮されています。

古い記事を掘り起こして、再考してアップすることも予定しています。

がんの話題は少なくなりますが、お気に召したらお付き合いください。

2017年8月12日 (土)

愛車の車検

マイカーの9年目の車検を受けてきた。

膵がんの術後10年目、ということは、術後1年目に新車に買い換えた車。当時のことを振りかえると、田舎の墓を元気なうちにと墓終いして東京に移し、最期に備える一方で、なんとはなく死ぬ気はしなかったので新車に買い換えたのだった。

まだ4万キロしか乗ってないので、修理する箇所もなく、エンジンオイルとブレーキオイルを交換しただけ。ブレーキパッドも半分しか摩耗してないのでまだまだ乗れそう。

愛車がポンコツになるか、私が運転免許証を返納するかまでこの車を乗りつぶすつもりだ。先日は自宅近くのよく知った道路を、一方通行を逆に侵入したことがあった。こんなことが度重なると免許証を返納した方が良さそうだけど、せめてあと6年は運転したいなぁ。

最近は遠出もせず、エアコンをかけてアイドリングが多いせいか、近場での運転だけなのでバッテリーの電圧が下がり気味だった。Amazonで充電器を購入。

夏場の高速道路でのトラブルのほとんどは、エアコン使用による過放電だから、4600円で電圧チェック機能のあるこの製品はお買い得だった。

続きを読む "愛車の車検" »

2017年7月 8日 (土)

逆走

飼い犬の治療のために、車で獣医師のところまで送っていったら、近所なのでよく分かった道なのに、一方通行を間違って入ってしまった。すぐに気づいてUターンしたが、お巡りがいたら確実に反則切符もの。

高速道路を何で逆走するんだろうと、半信半疑だったが、わが身に起きてみると納得できる。

通り慣れたはずの道路でも、勘違いやまちがいは起こりうる。考え事をしているとおきやすいね。

今年は愛車の9年目の車検。あと1回、2回の車検まで乗り続けられるかどうか。車がポンコツになるか、私の頭がポンコツになり、判断力が低下して免許を返上するか。どちらが先になるのやら。

老人が運転中は、同乗者は話しかけないで欲しい。命が惜しいのならそうした方が良い。

安倍晋三もそろそろ逆走に気づいてもらいたいね。

2017年6月19日 (月)

父の日

昨日は父の日、がん10周年、69歳の誕生日と3つの祝を一度ですました。

娘からのお祝いは、一刻者の長期貯蔵・限定品。
これに「いきなりステーキ」でテイクアウトした4種類のステーキで夕食というか、料理が寂しいけど、家族の呑み会。

六代目百合と飲み比べたが、軽くて飲みやすい女性向けの酒かな。のど越しは良いし香りも良いが、私の好みはどちらかというと六代目百合だなぁ。

20170618_175427

20170618_180751

何気ない平凡な時間の中に幸福があるのだろう。

後白河法皇が編纂させたといわれている『梁塵秘抄』に、

遊びをせんとや生まれけむ 戯れせんとや生まれけん 
遊ぶ子供の聲きけば、我が身さへこそ動がるれ

の今様があります。人生の目的があるとすれば、それは金や地位や名誉ではなくて、「遊ぶ」こと。「遊ぶ」とは何か熱中できるもので、できれば他人の役にたつもの、役にたたなくてもいいけど。・・・じゃないかなぁ。

続きを読む "父の日" »

2017年6月15日 (木)

10年目の検査結果

がん研での血液検査、造影CT検査の結果です。
結論は「異常なし」で、膵癌患者を「卒業」です。

先生 「もう卒業でいいでしょうが、どうしますか?」
私 「縁がなくなるのも寂しいし、年に1回血液検査をしていただき、生きていることを確認してください」
先生「分かりました。では来年の予約を入れておきましょう。気が変わったら来院しなくてもよいですよ」

先生「10年前の患者は10年生存は少なかったですが、今はどんどん生存率が伸びてきていますから、10年生存率も次第に高くなると思いますよ。あなたのころはGEMでしたが、TS-1に変わってから大きな変化が起きていますからね」
とのこと。

最近手術した患者は、さらに希望が持てると思いますよ。

血液検査結果です。

Img_0001_2

基準値外がいくつかあるが、どれも極わずかに外れているだけです。HbA1cは、日本糖尿病学会と日本老年医学会が共同で発表した「高齢者糖尿病の血糖コントロール目標について」によれば、65歳以上の高齢者は、下限値6.5%を目標とすべしとなっています。がん研のシステムがこれに対応していないということでしょう。6.1%なら良すぎるくらいです。糖質制限食と運動、インスリンが効いているのでしょう。

GOTもわずかに高いが、これは毎晩焼酎を飲んでいるのだから致し方ない。止めるつもりもない。

血液検査からは、ほとんど健常者ですね。「あなたは膵臓がんをやったら健康体になったね」と地元の先生からは言われたことがあるが、この傾向を続けるよう努めましょう。

がん研も増築でタリーズのコーナーも移動して広くなっていました。

20170615_094715

CT検査のために朝食抜きだったので、サンドイッチと珈琲で遅い朝食。外のベンチは心地よい風が吹いていました。帰りには東京會舘の「會舘オムライス」を二つテイクアウトして、妻との昼食にしました。値上がりして1200円になっていた!

1984年 (まんがで読破 MD100) 来月は甲状腺がん経過観察の超音波検査があるが、これはまったく気にしていない。なにしろ、甲状腺がんで最も多い乳頭癌の場合なら10年生存率92%ですから、天寿の方が先にやって来る。

自公の共謀罪法案、強行採決は許せない。ジョージ・オーウェルの「1984年」が現実になるのではないか。この漫画、良くできていますよ。

続きを読む "10年目の検査結果" »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想