« 最近の驚いたこと三題 | トップページ | 各政党のマニフェストで「がん対策」は? »

2009年8月22日 (土)

金馬師匠から笑いの治癒力をもらった

_mg_7819


夏休みも終わって今週からはチェロのレッスンが毎週連続します。練習曲も新しくなって、「私のお気に入り My Favorite Things」。ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入歌でしたよね。原曲は8分の6拍子ですが、ジャズにアレンジして4分の3拍子にしたものを練習します。ジャズのノリで弾くのがなかなか難しいです。(私にとっては)

レッスン前にチェロの先生がこんなことを。「私の知り合いで、肺がんで6センチぐらいの腫瘍が見つかったのですよ。でもその方、思いっきり笑って過ごす。大声で笑って治すという気でやったら、ほんとうに腫瘍が消えてしまったんです。」

ノーマン・カズンズの『笑いの治癒力』をそのまま実行して治った、腫瘍が消えてしまったということですね。こんな例はもっとたくさんあるのではないでしょうか。がん患者のブログでも、悪い情報はインターネットにアップされがちですが、治った情報というのは少ないです。治ってしまったらブログなんか書く必要もないというわけでしょうね。仮にいきなりブログで「私はこうして笑って治しましたよ」なんて書かれても、信憑性がないですし、何かのサプリメントの宣伝かと疑った方がよいようなものです。一年、二年と闘病記を書いてきて、その結果「治ったよ」というブログなら信憑性も高くなろうというものです。 そんなブログになるようにと願っているのですが、5年は経たないと自慢にはなりません。

リンクしてあるU医師のブログにも笑いの効用が書かれていました。引用は御法度ということですから、リンクを張っておきます。こちら。毎日多くのがん患者さんに会っている医師ならこうした感想を持つのは至極当たり前のようです。先日の講演会で講師として呼ばれた際にも、何人もの先生方から同じことを伺いました。

チェロを弾くことも笑いと同じような効用があるように思います。証明はできませんが、自分でそのように感じています。自分が感じればよいのです。自分の体ですから。いろいろなサプリメントについても同じことが言えるのではないでしょうか。やってみて、自分の体に聞いてみる。いいと思えば続ければよいし、3ヶ月ほどやってみてあまり効果がないと感じたら止めることです。でも私なら、高額なサプリメント(高いサプリメントはほとんど偽物と思って間違いない)に金を出すのなら、その金で落語のCDでも買いますね。あるいはチェロのCDでもいい。

今日もチェロのレッスンのあとインターネット落語を聞きました。久しぶりに三遊亭金馬師匠の顔を拝見しました。ずいぶんとご高齢になってしましました。落語会では最長老だそうです。たくさん笑わせていただき、治癒力がアップしたに違いありません。
インターネット落語会はこちらです。 今は「圓朝まつり2009奉納落語会」から三題が出されています。

何でもいいから、たくさん笑ってください。無理にでも笑っていると、ほんとうに愉快になってくること間違いないです。こんな安上がりの治療法はないですよ。


スポンサーリンク

« 最近の驚いたこと三題 | トップページ | 各政党のマニフェストで「がん対策」は? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

下手なチェロ好き」カテゴリの記事

膵臓癌の知識・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最近の驚いたこと三題 | トップページ | 各政党のマニフェストで「がん対策」は? »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想