« がんと免疫 | トップページ | 今日の一冊(33)『糖質制限の真実』 »

2016年1月20日 (水)

がんの10年生存率 膵がんは4.9%

今日のニュースでも取り上げられていますが、初めてがんの10年相対生存率が発表されています。全がん協生存率

これによると、膵がんの「10年相対生存率」は、全症例で4.9%と、すべてのがんの中で一番低いです。ステージⅠで29.6%、Ⅱで11.2%、Ⅲで3.1%、Ⅳでは0.9%です。手術ができた患者では11.1%となっています。

ステージⅣでも100人に1人は10年生存しているのを「意外と多いね」と考えるか、少ないと取るか・・・。

全症例の5年生存率が9.1%ですから、その後の5年間でほぼ半数が亡くなり、4.9%にまで低下する。膵がんは、乳がんや肝臓がんと同様に、5年経ってもまだ怖い病です。

20160120_09_31_41

20160120_09_41_55

ステージⅠやⅡという早期に発見しても10年生存率は30%、11%です。膵がんには「早期がんという概念はない」と言われる所以です。

手術ができても11.1%、でもこれはアメリカの治療成績よりは一桁良いですね。つまり、日本の医師の手術の技量が優れているのです。

ただ、この統計の期間である1999~2002年は13年も前のデータです。10年生存率を見ることができるのは10年以上前にがんと診断された患者なわけですから。

その後術後補助化学療法としてゲムシタビン、TS-1さらにより効果があると言われるFOLFIRINOXなどが使われていますから、このデータよりは少しは良くなっているはずですね。

« がんと免疫 | トップページ | 今日の一冊(33)『糖質制限の真実』 »

膵臓癌の知識・情報」カテゴリの記事

コメント

のっぽ先生。
そうですね。このデータを見ると、がんは基本的に10年追跡して生存率を出すべきではないかと思います。
少なくとも一律に5年とは根拠がないようです。
5年経ったら「完治」と勘違い(だじゃれではないですが)している患者も多いのではないでしょうか。
まして、抗がんだけで完治は基本的にあり得ないわけですから。
私も10年までは気を抜かないでいこうと考えています。

>全症例の5年生存率が9.1%ですから、その後の5年間でほぼ半数が亡くなり、4.9%にまで低下する。

私は、最初に開腹手術を受けてから、5年7ヶ月、経って、再発しました。

ゆっくり大きくなるタイプの腫瘍、わずかな数の転移が、時間が経って、大きくなる事を考えると、あくまで、5年は、目安ではないか、と考えます。

私自身が、5年、経って、「これは、もしかして、(再発する事無く)行けるのではないか。」と思ったのですが。

5年と10年の間に差がある、改めて、その事を認識しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がんと免疫 | トップページ | 今日の一冊(33)『糖質制限の真実』 »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ