« 実例報告「私は切らずにがんが治った」 腫瘍が自然収縮していく | トップページ | 病み上がり »

2016年7月21日 (木)

糖質制限ブームとクローズアップ現代+

昨夜のクローズアップ現代+、糖質制限ブームの話題でした。糖質制限食で体調を崩して救急車で運ばれたとか、将来隠れメタボになるとかのアンチ糖質制限食の番組構成でした。

登場した男性は「似て非なることをやると危険が伴う」と言っているが、しかし、これ、糖質制限とは違うわ。単なるカロリー制限のやり過ぎ。

20160721_17_55_29

この男性は、自己流糖質制限食、例えば「キャベツの千切りと蒸し鶏」とかで減量成功、さらに夕食を抜く、ゆで卵は白味だけ食べるなど、ゲーム感覚でダイエットに挑戦していたらしい。平均約500kcal/日しか食べていなかったそうです。

これじゃエネルギー不足になるのは当然です。

で、それにこりて食生活を見直してこんな食事に。

20160721_17_57_02

これじゃダメですね。鶏の笹身はあるがタンパク質や脂質が足りない。HbA1cも元に戻るのではないでしょうか。

糖質制限食は、糖質は制限するがタンパク質や脂質でカロリーは摂りましょうというものです。

番組で紹介された例は糖質制限食ではなく、たんにカロリー制限食でしょ。

私は夕食はおかずと焼酎だけ。ご飯は食べない。しかし、朝食は食パンとハムエッグにサラダと豆乳。昼はざる蕎麦が多い。だから夕食だけ糖質を抜くプチ糖質制限食ですね。現在58キロの体重をこれ以上減らさないように、かつ血糖値にも気をつけながら適度に糖質を摂るよう心がけている。もちろんカロリーは1800kcal/日程度は摂れている。

今日のランチは「いきなりステーキ」で200gのステーキとライスの小。コーンはブロッコリに変更してもらった。これで約800kcalですよ。これが正しい糖質制限。500kcal/日では自殺願望でしょ。ダイエットのためなら命も要らないってか?

山田悟医師が番組で言っていたように、おにぎり一個程度の糖質を摂るプチ糖質制限食が私には合っています。

20160721_18_09_33

日本人は糖質の摂りすぎなの。だから減らしましょう。そしてバランスよく食べて、適度の運動をする。これを忘れちゃダメですね。

番組では糖質を摂らないとカロリー不足になるとも言っていたが、それも違う。タンパク質と脂質を摂って、減らした糖質分のカロリーを補うべきなのです。なんだか視点の定まらない番組でした。

糖質制限ブームに乗っておかしな本や番組も出ているから要注意です。

« 実例報告「私は切らずにがんが治った」 腫瘍が自然収縮していく | トップページ | 病み上がり »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

胆嚢癌Ⅲb さん
色々な情報ありがとうございます。
ただ、慢性膵炎を初めとした膵炎系疾患の場合は元々消化力の弱い人が多く、油物やなま物が苦手な傾向があるんですよね。つまり私の場合は昔から油物が苦手で全く消化できずに吐いたことが何度も有りました。つまり、人が思うよりも数段消化力が弱いのが慢性膵炎やその予備軍の人たちなのです。私の実感としてはあくまでも私個人の体基準ですが、一番消化が楽なのは素麺やうどんなのです。これは誰かに言われたとかではなく、そうめんやうどんを食べた場合は食後3時間位でお腹がすくことが多いのです。反対に脂の乗った魚などを食べると三時間たってもゲップがでてそのゲップが魚臭いことなどが良くあるのです。血液検査のデータ的に、脂質を分解するリパーゼとタンパク質を分解するトリプシンが高値異常値を常に示し、糖質を分解するアミラーゼは正常値だったりちょっとオーバーだったり、という感じで血液検査と苦手な食べ物が見事に合致しているようなのです。しかし、胆嚢癌Ⅲb さんが貼ってくれたリンク先の情報を見ますとやはり糖質制限には惹かれますね。もし私がやるとすれば、方法論として、消化剤を今の三倍くらいに増やすなどの方法が考えられますね。しかし問題は、今の主治医はこれ以上増やしてくれそうにないのでそこは考えどころですね。

追伸です。
何度もすみません。一つ書き忘れてました。
食品の消化についてはこちらが参考になると思います。
http://www.mizuno.tokyo/2015/06/blog-post_25.html
胃切除後のダンピングの原因は炭水化物だったりしますね。
http://www.cool-family.com/i/danping.html
http://ameblo.jp/morizononaika/entry-11993316054.html
http://tagashuu.blog.fc2.com/blog-entry-234.html

お久しぶりです。
私も番組は見ましたが、正しい糖質制限を実行している者としては、正しくない偏った情報であったと思います。
NHKは先日の「めしてガッテン」では、正しい糖質制限を紹介していただけに今回の放送はとても残念に思いました。
http://www9.nhk.or.jp/gatten/articles/20160706/
あとTKさんへ。
糖質制限はダイエットで有名になっていますが、肥満やメタボの人は痩せて標準体へ、逆に痩せすぎの人も標準体に戻るという、健康的食事療法です。
医師は栄養学に精通しているわけではありませんし、教科書に書いていない事を理解する能力もあまりないと思いますので、全て鵜呑みにしなくても良いと思います。
ちなみに私は糖質制限を始めてから、そんなに飲めなかったのがかなりの飲酒量になりましたが、「肝臓がアルコールの分解を優先して糖新生がおろそかとなる事で癌再発の予防になっている筈」だと勝手な解釈で、飲み過ぎる事の理由にしています(笑)。

TKさん。
>じゃあ何を食べろと?wって医師に聞くと、豆腐とか。って
ほんと、何を食べればよいのか、食べるものがないって良く感じますね。
基本的に体にとって食事は”異物”ですから、メリットとデメリットがトレードオフです。
膵臓のない私は、血糖値は上げたくないから糖質を控える。糖質を控えると体重が減って筋肉量も落ちる。老後には寝たきりになるおそれがある。かといって脂肪分の多い肉を摂り過ぎると下痢状態になる。牛乳はもちろん、豆乳でさえもアヘンチンキなしでは下痢になる。
結局は、だましだまし、バランスよく食べて運動をすることが一番なのかなぁと思います。

こんにちは。私もこの放送が気になっていたのですが、つい見忘れてしまい、しまった!と思っていたら、このブログでキノシタさんがよくまとめられておられましたね。数行でなるほどと納得できました、ありがとうございます笑。

私は慢性胃炎に慢性膵炎疑診という状態なので、食事では脂質の制限してるんですよね。あとタンパク質は動物性の肉も少量ならOKだけどお腹いっぱい食べるととてつもなく調子が悪くなりますので豆腐や豆乳で一日のタンパク量を補っているという、何ていうか無理やりプチベジタリアンみたいな状態です。で、一番楽に消化できるエネルギー源が糖質なので、痩せないために糖質摂取せざるを得ないという世間の流行の逆を突き進む悲哀をいま味わっております。笑

しかし、もし私が太っているというかぽっちゃり系なら糖質制限をお試し出来る(是非一度やってみたい)んですが、私は今BMIが17くらいしかないのでこの状態で糖質制限なんてやったら緩やかな自殺ですからね~。なにやら人によっては糖質制限でアトピーが治ったとかいってる人もいましたし、炎症を起こしにくくするとか、大腸がん予防になるとかという話もあるので是非試してみたいんですが、先ずは最低でも5kgは太らないと試せないので、太ることからスタートの糖質制限、ロカボって何よ!って自分で突っ込んじゃってますよ。

本当に膵臓って、ガンになられた方に言うのは変ですが面倒くさい臓器ですよね。糖質も摂り過ぎると膵臓がインシュリンをたくさん出さないといけなくなるので慢性膵炎の人も糖質も摂りすぎては行けないとか言われたりするし。じゃあ何を食べろと?wって医師に聞くと、豆腐とか。って答えられるんですが、あなた、豆腐で一日の必要摂取カロリー摂取しようとしたら何丁豆腐食べなきゃならないのか計算したことあるんですか!?って切れそうになったことも有りました。笑

私がキノシタさんのブログを覗かせてもらうのは、ガンだけではなく所謂慢性疾患についても通用する話が多いからなんですよね。(私は慢性疾患のデパートみたいな体ですから)治療の選択の仕方、サプリメントや瞑想の利用(安い、リーズナブル、もしくは無料、そして効けばラッキー、効かなくても毒にはならない)、気持ち、プラシーボもバカにできない、治った人には共通点があるなどの話はとても参考になるんですよね。

今、読み返すとかなり長いコメントになってしまいましたね。ロカボ、糖質制限自体には私もかなり興味があったのでついコメントが長くなってしまい申し訳ないです。
(それにしてもキノシタさん、焼酎飲めるんですね?羨ましい。私は医者からオサケゼッタイダメと呪文のように言われておりますので断酒中です。涙)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実例報告「私は切らずにがんが治った」 腫瘍が自然収縮していく | トップページ | 病み上がり »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ