« 今日の一冊(57)『すい臓がんから奇跡の生還』 | トップページ | プリンタのトナー »

2016年9月28日 (水)

期待の膵臓癌治療-ナノナイフ

XT2F1015

この日の曼珠沙華のベストショット・・・かな?


期待の膵臓癌治療─手術困難な癌をナノナイフで撃退する! (希望の最新医療シリーズ) 8月の記事『今日の一冊(54) 期待の膵臓癌治療』で紹介した本を入手して読み終わりました。ナノナイフについて、メリットもデメリットも良く取材して書かれています。

前回の記事で言い尽くした感がありますが、何点か追加すると、

ナノナイフ治療が適用になる条件

  1. 遠隔転移や腹膜播種がない「切除不能の局所進行膵臓癌」
    つまりステージ4aの血管に絡みついて切除できない膵癌。
  2. PSがPS0,PS1である。全身状態が良い患者

です。これまで手術不可であった4a、4bのうち、4aの患者を救えないかという話です。

  • 保険適用になっていないので、全額自費になる。(臨床試験もあるが敷居が高い)目安として欧米では100~150万円とのこと。
  • 3~4ヶ月は抗がん剤治療をして、目に見えない癌細胞を叩いてからナノナイフを実施する。
  • 延命効果は、抗がん剤と比較して約2倍の24ヶ月。完治するわけではない。(アメリカでは5年以上生存して「完治」と見做される例もあるが)
  • 2016年6月までの実績は、東京医科大学病院=8例、山王病院=24例

実施している病院は、

  • 順和会 山王病院 ナノナイフ外来
    東京都港区赤坂8-10-16  電話03-3402-3151
    森安史典医師が定年でここに移動した
  • 東京医科大学病院 消化器内科外来 (医師主導治験)
    東京都新宿区西新宿6-7-1  電話03-3342-6111

ナノナイフではステージ4aの膵癌の治療できますが、膵癌の場合は局所にあると思われても、実際には目に見えない癌細胞が広がっている場合が多い。そのために、ナノナイフで局所の癌細胞を殺しても、再発・転移する例が多いのです。

これは重粒子線や陽子線でも同じことです。膵臓癌が難治性癌だと言われる所以です。


スポンサーリンク

« 今日の一冊(57)『すい臓がんから奇跡の生還』 | トップページ | プリンタのトナー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

膵臓癌の知識・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一冊(57)『すい臓がんから奇跡の生還』 | トップページ | プリンタのトナー »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想