« いのちの落語独演会 | トップページ | 臨床試験(治験)の探し方(1) »

2016年9月19日 (月)

NHKスペシャル『健康格差』

非正規雇用や無年金者の場合、食費にしわ寄せが行くから、炭水化物中心になりがちで、2型糖尿病になる率が高くなる。

貧困家庭のこどもは虫歯が多い。肥満が多い。

結局根本原因は、新自由主義、経済格差。これが健康を破壊する。

考えさせられる番組でした。

糖尿病、肥満、これらは膵癌の危険因子でもある、ということは健康格差はがんの罹患率にも関わっている。

抗がん剤も高い。高額療養費制度があっても月8万円の負担は厳しい。治療を継続できない患者もいる。

がんや糖尿病に効果的な食事っていうのは、結局エンゲル係数の高い食生活なのだ。食費を削って生活している者には無理な提案だよ。

膵臓がん、大腸がんが増えているのは欧米型の食生活になったのが原因だと言うが、そればかりだろうか。カーソンが警告したように農薬、添加物、遺伝子組み換え、核実験による地球全体の汚染ががんを増やしているに違いない。

貧乏人は、じわりじわりと殺されているんだよ。


スポンサーリンク

« いのちの落語独演会 | トップページ | 臨床試験(治験)の探し方(1) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

金のないガン難民は在宅でってのが行政の方針見たいですが無理ですよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いのちの落語独演会 | トップページ | 臨床試験(治験)の探し方(1) »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想