« 副作用は軽視しがちだから・・・ | トップページ | モーツァルトのAdagio »

2016年9月13日 (火)

膵臓がん手術の基本と正しい病院選び

毎日新聞『医療プレミア』

膵臓がん手術の基本と正しい病院選び

  • 膵臓がんで、他の臓器にがんが広がっていないのに、「手術ができない」と言われて納得できない時には、「ハイボリュームセンター」と呼ばれる手術症例数の多い病院で、セカンドオピニオンを受けてみるとよいかもしれません。
  • −−症例数が多い病院を探す方法は?
    日本肝胆膵外科学会の「高度技能専門医制度認定修練施設」であるかどうかが、一つの目安になります。そのうち、「修練施設(A)」は、「膵頭十二指腸切 除」、膵臓がんの「膵体尾部切除」、「肝臓がんに対する区域切除」や「胆管切除を伴う肝切除」など、学会が規定した「高難度肝胆膵外科切除」を年間50例 以上実施している病院です。一方、「同(B)」は同様に年間30〜49例実施している病院です。同学会の修練施設は、ホームページで検索できます。
  • 高難度肝胆膵外科切除の症例数は、膵臓がん以外に、肝臓がんや胆道がんの手術症例数も含んでいるので、膵臓がんの症例数が多いかどうかについては分からない⇒病院のホームページで手術数を調べるべき。
  • 膵臓がんの人が腹腔鏡手術を受けるメリットは?
    • 今年4月から、腹腔鏡による「膵頭十二指腸切除」が保険適用に
    • 膵体尾部切除に関しては、以前から、腹腔鏡手術が保険適用になっています。
    • 膵臓内視鏡外科研究会は、「膵臓周囲のリンパ節切除が必要になるような膵臓がんに対する膵頭十二指腸切除に腹腔鏡を使うべきではない」との見解
    • 膵体尾部切除に関しても、周囲の臓器および血管(脈管)の合併切除を伴う場合については適応外とし、「腹腔鏡手術を行うべきではない」
  • 膵臓がんを治すためには、がんをできる限りすべて取り除くことが何よりも大切です。膵臓がんでは、早期がんがまれなこともあり、現時点では、腹腔鏡手術で確実にがんを取り切れるか分かっていない

私の場合は、年間手術数50例以上の条件で検索した。地方ならそうもいかないだろうから20例以上ならまあまあか。

膵臓がんで腹腔鏡下手術はやっちゃダメですね。


スポンサーリンク

« 副作用は軽視しがちだから・・・ | トップページ | モーツァルトのAdagio »

膵臓癌の知識・情報」カテゴリの記事

コメント

ひぃさん。

病院、医者選びも”寿命のうち”と言いますから。
カフェ、無理しないでくださいね。当日の詳細は20日頃に。
いのちの落語、行きます。

こんばんは。いつも情報ありがとうございます。
こんな簡単に調べられるんですね!
Aの専門医だから最善だと思えました。指導医にキノシタさんの主治医がいますね。弟子は一人だけなのか?他に行ったのかな?なんて勝手な想像。
母は運が良いんですね。カフェ楽しみにしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 副作用は軽視しがちだから・・・ | トップページ | モーツァルトのAdagio »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想