« 今日の一冊(65)『大場先生、がん治療の本当の話を教えてください』 | トップページ | EBM神話の罠(1) »

2017年1月15日 (日)

家族なら"完治"を願うべきか?

XT2F2684


小林麻央さんが出演したテレビの視聴率が20%越えだと話題ですね。私は観てませんが。
で、その中で市川海老蔵さんが語ったことばで”炎上”しているらしい。末期がんを抱えた家族が言うべき言葉ではないという非難らしい。

「海老蔵さんは昨年10月に、麻央さんについて『早かったら3、4、5月で、今年の夏は絶対無理だと思った』と語っていた。しかし、こういった表現は完治したか、もしくは亡くなった方について語るときの言葉でしょう。麻央さんがいま現在も死の恐怖に立ち向かっていることを海老蔵さんは自覚しているのか、はなはだ疑問ですね」

「患者にとっても身内にとっても望むのは常に“完治”のはず。しかし海老蔵さんの言葉は、“延命していること自体が奇跡”だと言っているのも同然です。しかもテレビで発言したら麻央さんに伝わるのは確実。それとも海老蔵さんは同じ言葉を、麻央さんに直接伝えたりできるのでしょうか?」

ある医療系ライターの非難らしいが、トンデモおかしいね。患者も家族も、治りたいという希望と同時に死にも向き合っている。あわよくば完治したいのはがん患者なら誰でも思っている。しかし、治らないものは治らない。

最悪を想定して最善を尽くす。

それが家族としての務めだろう。こんなときには、遠くの親戚が出しゃばってきて、代替食品やら怪しげな壺などを押し付けたりもする。病院を替えさせようとする強者もいる始末だ。

患者はもう抗がん剤は止めたいのに、身内が「どうか止めないでくれ」というので、仕方なく体がぼろぼろになるまで抗がん剤をやる人も絶えない。"完治"を願う身内の思いが、患者には拷問にもなる得る。

小林麻央さんのがんは遠隔転移しているのだから、抗がん剤では治らない。延命効果だけ。それを認めてよりよい時間を過ごそうと考えるのが身内としての優しい対応だろう。私には、二人ともその点は分かっているように思える。

しかし誤解を恐れずにいえば、小林麻央さんのように、余命幾ばくかで乳がんと闘っている患者はたくさんいます。抗がん剤の治療費を稼ぐためにパート務めをしている患者もいる。なぜ彼女だけが注目されるのか分かりません。有名人で視聴率が稼げる、週刊誌が売れるからというのが最大の理由ではないでしょうか。

麻央さんも、他のがん患者さんも、みんながんばってください。

« 今日の一冊(65)『大場先生、がん治療の本当の話を教えてください』 | トップページ | EBM神話の罠(1) »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
小林麻央さんと市川海老蔵さんの勇気に感謝しています。
僕も家族のがん治療についてのブログを書き始めましたが、自分の身近に転がっているガンの話題が、こんなにも現実と違っていたのか、と思い知らされる毎日でした。
そして、その毎日は現在も続いています。
現実をどう受け入れて、それが一番良い形(完治)ではないと自覚したときに、次善の実現を願う。
それは現状を直視させられた者だけが判る感覚でしょうか。
このギャップは、がん患者・家族と世間がちょっと離れてしまっている象徴的な出来事だと思いますね。

ひぃさん。ありがとう。
お母さんも先生に褒められるほど具合良さそうで、よかったですね。
本年もよろしくお願いいたします。

キノシタさん、こんばんは。
いつも覗かせてもらってます。

全く同意見です。覚悟はしてもいかに笑顔を増やせるか、辛い思いをさせないか。母の年齢含めそう思える様になりました。毎日ヒヤヒヤしてます。
率直な意見だと思うし真央さんも知ってるからこそ言ったと思います。観てないから何とも言えませんが。
完治だけが全てじゃない。みんな目標持って頑張ってます。
今年も色々お勉強させて下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一冊(65)『大場先生、がん治療の本当の話を教えてください』 | トップページ | EBM神話の罠(1) »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ