« 体中がぎしぎしと痛い | トップページ | がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善 »

2017年2月14日 (火)

体重が60キロを超えた

インスリンを打ち始める直前の体重は55.4kgだったのが、徐々に増えて、2ヶ月あまりで60.3kgにと約5kgも増えた。

インスリンの効果ってすごいですね。これまでは喰っても

  • 全身のほぼすべての臓器細胞にブドウ糖をとり込ませます
  • 肝臓や筋肉でブドウ糖からグリコーゲン(貯蔵糖)が合成されるのを促進します
  • 貯蔵されているグリコーゲンが分解されるのを抑制します
  • 脂肪組織で脂肪が合成されるのを促進したり、脂肪の分解を抑制します

という、インスリンの働きが効かず、体重が徐々に減っていたわけだ。

Image_002

先月末に低血糖になったから8単位に減らしているが、インスリンを過信しないで糖質を摂り過ぎないようにしないと、空腹時血糖値が高くなる傾向だ。100~120mg/dLになるように管理していこう。

太りすぎにも注意です。でも64kgまでは大丈夫か。これ以上だとズボンがあわなくなる。いや、それ以上に肥満はがんのリスク因子だろう。


スポンサーリンク

« 体中がぎしぎしと痛い | トップページ | がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善 »

血糖値管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 体中がぎしぎしと痛い | トップページ | がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善 »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想