« がん探知犬 | トップページ | ためしてガッテン(その後) »

2017年2月25日 (土)

foobar2000でDSDネイティブ再生<自分的覚書>

自分用の覚書です。

ネットワークステレオのサブ機で使っていたDACをKORGのDS-DAC-100mに交換した。Audiogate4は音は良いのだが、どうにも使い勝手が悪い。

foobar2000でDSDネイティブ再生ができるように設定したが、ネット上の情報が混乱し、古いので手間取った。今後の参考のために記録しておく。

KORGのDS-DAC-100、DS-DAC-100mを対象にしているが、他のDoP非対応のDACでも同様に使えるはずです。

以下の環境で検証しています。

  • Windows7 及び 10
  • KORG DS-DAC-100 及び100m
  • foobar2000 v1.3.14
  • ASIO suppert(foo_out_asio)  v2.1.2
  • Super Audio CD Decoder(foo_input_sacd) v1.0.6
  • ASIOProxyInstall v0.8.3

インストールするコンポーネントは上の赤字の三つ.

KORGの質問コーナーに、

・DoPに対応していますか?
DS-DAC-10、DS-DAC-100、DS-DAC-100mはDoPに対応しておりません。DSDネイティブ再生を行うには、WindowsではAudioGate 4(推奨)など、ASIO2.1のDSDオプションに対応したプレーヤーをお使いください。
DS-DAC-10RはiAudioGate for iPhoneによるDoP再生に対応しています。

と書かれています。

また、Super Audio CD Decoderは、バージョン0.9.7以降からDoP方式のみの対応となり、ASIO2.1によるDSD Direct方式は使えなくなりました。

しかし、旧バージョンの ASIOProxyInstall v0.8.3 を使えばSuper Audio CD Decoderの最新版をインストールしてもDoP非対応のDACでDSD Direct設定ができました。

フリーウェアは頻繁にバージョンアップされるので、古い危機に対応するには工夫が必要です。

以下の設定で上手くいった。

ASIO supportのインストール

  1. ASIO support のページに行く
  2. 「Download」をクリックする

    Image_007_2

  3. Downloadした「foo_out_asio.fb2k-component」をダブルクリックする
  4. foobar2000が起動し、Installer画面が表示されるので「はい(Y)」をクリックする

    Image_008

  5. 「Apply」ボタンをクリックするとContinueと聞いてくるので「Yes」をクリック
  6. foobar2000を再起動し、「File」-「Preference」をクリックする。「Components」タブを選ぶんで「ASIO suport 2.1.2 foo_out_asio」が表示されることを確認する

    Image_009


Super Audio CD Decoderのインストール

  1. Super Audio CD Decorder のページへ行く
  2. 「Download foo_input_sacd-1.0.6.zip」をクリック

    Image_006

  3. foo_input_sacd-1.0.6.zip ファイルがダウンロードされる。
  4. ZIPファイルを展開(解凍)し、foo_input_sacd.fb2k-component をダブルクリックする。

    Image_004

  5. Installerが起動するので「はい(Y)」をクリックする

    Image_005

  6. 「Apply」ボタンをクリックする

    Image_008

  7. 「OK」ボタンをクリックしてfoobar2000を再起動する
  8. 「File」-「Preference]-「Components」で、foo_input_sacd がインストールされていることを確認する

    Image_009

ASIOProxyInstall.exeのインストール

  1. 再び、Super Audio CD Decorder のページへ行く

    Image_012

  2. 「ASIOProxyInstall-0.8.3.zip」をクリックしてダウンロードする。
    0.9.Xのバージョンでは動作しない(パソコンが突然シャットダウンすることがある)ので旧バージョンを使う。
  3. ZIPファイルを展開(解凍)し、中にある ASIOProxyInstall-0.8.3.exe をダブルクリックして実行する
  4. 画面にしたがって「Next」、「Install」と進める

    Image_003

    Image_004_2

  5. インストールが完了したら「Close」をクリックする

foobar 2000 Preferenceの設定

  1. foobar2000を再起動する
  2. 「File」-「Preference]-「Output」でDeviceに DSD:ASIO:foo_dsd_asio を選択する(KORGのドライバーは選択しない!)

    Image_005_3

  3. 続いて「ASIO」を選択し、「ASIO Drivers」のfoo_dsd_asio をダブルクリックする。

    Image_006_2

  4. 「ASIO Proxy」ダイアログが表示される

    Image_007

  5. ASIO Driver:KORG USBDAC ASIO
    DSD Playback Method:ASIO Native
    PCM to DSDMethod:SDM Type B (FP64)
    Fs:DSD 128
    をそれぞれ選択する。これで「64bit FloatingPoint」でDSD 5.6MHz再生になります。(Windows 32bit機でも可能)

  6. 「Tools」-「SACD」からOutput Modeを「DSD」にする

    Image_008_2

  7. 「Apply」をクリックしてfoobar2000を再起動する
  8. これで完了です

DSDネイティブ再生の確認

foobar2000を起動して曲を再生します。

DS-DAC-100,DS-DAC-100mのパワーインジケータとサンプリング周波数インジケータのLEDが下図のように点灯していればDSD 5.6kHzでのネイティブ再生ができています。

Image_009_2

再生時と終了時に「プチッ」と音が出ますが、異常ではありません。

「スタート」「すべてのプログラム」から「KORG DS-DAC-10 Control Panelを起動して、曲を再生すれば下図のよう変わります。こうしても動作を確認できます。

Image_011

曲を再生すると、次のように変わる。

Image_010

« がん探知犬 | トップページ | ためしてガッテン(その後) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« がん探知犬 | トップページ | ためしてガッテン(その後) »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ