« そぼ降る雨に満開の桜 | トップページ | 今日の一冊(70)『悪の製薬:製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること』 »

2017年3月27日 (月)

ゲムシタビン+カペシタビンで10年以上生存

以前に書きかけてアップを忘れていた記事です。

*************************************

英国での臨床試験です。(英文ですが)

薬の組み合わせが膵臓がんの生存期間を延長する

この臨床試験では、(ゲムシタビンとカペシタビン)2つの化学療法薬を併用した患者の29%が少なくとも5年間生存していましたが、依然としてNHS(国民保険サービス)の標準治療薬である1つの化学療法薬(ゲムシタビン)を受けた患者は16%でした。

この結果は、最も一般的な21種の中で最も低い生存率を有し、年間8,800英国人を殺す膵臓癌を発症する人々の見通しを改善する可能性があるため重要である。 100人中1人だけが診断後10年以上生存しています。

英国、スコットランド、ウェールズ、ドイツ、フランス、スウェーデンの92の病院からの732人の患者が参加した。 ゲムシタビンとカペシタビンの両方を投与された患者のうち28.8%が少なくとも5年間生存していましたが、ゲムシタビンのみを受けた患者はわずか16.3%でした。

「短期生存率の差は控えめに見えるかもしれないが、長期生存率の改善はこのタイプのがんでは革新的である」とNeoptolemos氏は付け加えた。

****************************************

手術できずに抗がん剤だけなら10年生存率は1%、ということですね。統計的には確か6年生存率で0%のはずですから、画期的に結果とも言えます。


スポンサーリンク

« そぼ降る雨に満開の桜 | トップページ | 今日の一冊(70)『悪の製薬:製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること』 »

膵臓癌の知識・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そぼ降る雨に満開の桜 | トップページ | 今日の一冊(70)『悪の製薬:製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること』 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

スポンサーリンク

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング