« 【重要】膵臓がんのTS-1とパクリタキセルの腹腔内投与が先進医療に | トップページ | 2年ぶりに権現堂堤の桜に行ってきた »

2017年4月 2日 (日)

福島で膵臓がんの死亡率が増加

福島で膵臓がんの死亡率が増加(福島民有新聞)

高齢化の影響などを取り除いて算出した12年の「年齢調整死亡率」(人口10万人当たり)は男性179.3人(08年比4.7人減)、女性85.7人(同2.9人減)でいずれも減少。ただ部位別では、男性が膵臓(すいぞう)13.5人(同2.2人増)、女性は大腸12.5人(同1.3人増)、膵臓9.5人(同1人増)、子宮5.2人(同1人増)などでわずかな増加がみられた。

セシウム-137は膵臓や心臓に集まりやすいのです。福島第一原発の事故が影響しているのかどうかは分かりませんが、気になるニュースですね。現在の東京も3.11以前よりははるかに汚染が残っているのですが、皆まったく気にしなくなりましたね。

近年膵臓がんが増加しているのは、食事の欧米化以外にも大気圏核実験と福島原発事故がある程度寄与しているのか? 分からないし、統計的にも証明などできないでしょう。

極わずかの違いに対して統計的な有意差を求めることは非常に難しい。しかし、極わずかな増加であっても多数の住民が対象ですから、決して無視はできないのです。

統計の限界というか、所詮、統計とは「極わずかな違いしかないときに相手を説得するためのツール」ですから、P値ばかりをあがめ奉るのは決して「科学的」とは言えません。

バンダジェフスキーの病理解剖データ

バンダジェフスキー氏は先に挙げた著作で次のように述べている。

とくに、心血管系疾患で死亡した患者の心筋には、消化器の疾患で死亡した患者より、確実により多くのセシウム137が蓄積していた。感染症で死亡した患者の肝臓、胃、小腸、膵臓には、心血管系、消 化器系の疾患(おもに胃潰瘍や十二指腸潰瘍)で死亡した患者に比べて、はるかに多くのセシウム137が蓄積していた。感染症の子どもは、先天性欠損のある子どもより多くのセシウム137を骨格筋に蓄積していた。

チェルノブイリ事故で汚染されたゴメリ州 (37~185kBq/平方メートル)の生後14日から14歳までの子どもを対象に心電図検査をおこなったところ、年齢層により55.9~98.1%の子どもに心電図異常が認められた。おもに不完全右脚ブロック洞結節伝導系の自律神経障害による異常であった。
ゴメリ医大に在籍する18~20歳の大学生では48.7%に明確な心電図異常が認められ、この学生たちのセシウム-137の平均濃度は26.00±2.00Bq/kgであった。
突然死した患者の部検標本を検査したところ、99%に心筋異常が存在し、心筋にはおよそ26Bq/kgのセシウム-137が取り込まれていることが分かった、としている。

体内に取り込 まれた放射性セシウムが平均40- 60Bq/kgの場合、心室の心筋細胞に微細だが明確な損傷が認められた。全細胞の10- 40%が非代償性の病変を起こし、規則的収縮ができなくなった。心筋の収縮機構が破壊され、組織溶解を伴わない萎縮性病変が観察された。筋小胞体網の細管が拡張し、ミトコンドリアの膨隆、巣状の筋小胞体の浮腫が認められたが、これらの病変は、細胞膜の浸透性の異常とイオン代謝の重大な変化を意味する。

Banda0

  1. セシウム137の体内放射能(1)
    を小さく見せたいという思惑が感じられる。セシウム137を経口摂取した場合の、ベクレルからシーベルトへ換算するための「実効線量係数」は1.3×10^-5とされており、...
  2. セシウム137の体内放射能(2)
    飲料水の分20Bqを加えると、新基準値のセシウム137を含んだ食品の一日のベクレル数が計算できる。計算過程は省略するが118Bq/日の摂取量となる。13~18歳のセ...
  3. セシウム137の体内放射能(3)
    、実効半減期=100日とする。最初の体内セシウム137はともに1000Bqで、1Bq/日、10Bq/日を摂取したときの1000日間の推移をグラフ化した。確かに小児は...
  4. セシウム137の体内放射能(4)
    11の図2-2を出発点としている。そしてセシウム137の実効半減期と1日の摂取量だけを使って計算をした。摂取量と排泄量とがある拮抗点(飽和値)になることは、これらを...
  5. 福島で激増する心筋梗塞
    感想である。掲載された図を見ると、確かにセシウム137の汚染濃度と急性心筋梗塞による死亡率には相関関係がある。直ちに「因果関係がある」とは言えないかもしれないが、福...

« 【重要】膵臓がんのTS-1とパクリタキセルの腹腔内投与が先進医療に | トップページ | 2年ぶりに権現堂堤の桜に行ってきた »

@地震・原発」カテゴリの記事

膵臓癌の知識・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【重要】膵臓がんのTS-1とパクリタキセルの腹腔内投与が先進医療に | トップページ | 2年ぶりに権現堂堤の桜に行ってきた »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ