« 臨床試験の「治療開発マップ」 | トップページ | Win10にアップグレードでパソコン復調 »

2017年5月22日 (月)

Kindle本-出版しました

Hyosi

2017年第2版に改定しました。

やっと完成しました。
がん患者のためのインターネット活用術

最初にお断りを。
この本には治るための必殺技とか、「魔法の弾丸」のような代替療法、これでがんが必ず治る、というようなことは書いてありません。どうすれば悪徳な広告に騙されずに、信頼のおける情報に早くたどり着けるのか、集めた情報をどのように整理し活用するのかという、がんと闘うためのパソコンのスキルとノウハウを紹介した本です。私が10年間実行して、がんとの闘いに役立つと確信しているスキルを”惜しみなく”紹介しています。

Kindle端末を持っていなくても、パソコンやスマホで読むことができます。

むしろ、たくさんのリンクが貼ってある書籍なので、パソコンにKindle for PC(Windows)をインストールして読んでいただく方が、リンク先をすぐにブラウザで確認できるので効率的です。

20170523002

内容紹介と目次はAmazonのサイトの「商品の説明」を見ていただくとして、自己出版した動機は、一つには膵臓がん術後10年を記念して。もう一つは、がん患者さんがインターネットを使って情報を探す際に、もっと効率よくしたら良いのになぁ、と日ごろから感じていたからです。

紙の本で自費出版しようとすると数百万円はかかるし、売れるかどうかも心配になりますが、Kindle本なら出版の費用はゼロです。さらに言えば、紙の本は著者の印税は20%であるのに、Kindleはロイヤリティーが75%もあるのです。

もう一つKindle本にしたわけは、インターネット上の情報はすぐに古くなるので、更新しなくてはいけないが、紙の本ではそれは不可能に近い。Kindle本ならいつでも改訂版を出せば最新の情報にアップデートできます。

その分、相当苦労はした。原稿書きは当然として、Amazonにアップロードするまでには、Word→HTML→ePub→MOBIと、4つのファイルフォーマットを経て変換しなくてはならなかったのです。

もしも興味があれば購入してくださいね。そして、もっとこんな情報を書いて欲しいとか、ここが間違っているよというお節介なコメントは大歓迎です。

闘病記を出版したいという方がいたら、相談に乗りますよ。

同じ病気と闘うたくさんの仲間がいます。

ポチッと    にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
お願いします。 にほんブログ村

スポンサーリンク

« 臨床試験の「治療開発マップ」 | トップページ | Win10にアップグレードでパソコン復調 »

がん一般」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

金魚さん。
ご指摘、ありがとうございます。
気がつきませんでした。

確かにKindle for windowsでは左バーの目次には第6章以下がありません。「移動」でクリックすれば全目次が出るので、それで安心していました。

目次の「まえがき」よりも前に不要な「想・・・」もあり、目次全体の見直しが必要です。

修正が終わるまでは「移動」もしくはページスクロールで全て出てくるので、それで対応願います。

キノシタさま
こんにちは~
ポチ、ありがとうございます(o^-^o)
イマイチ、良く分かっていませんが(^-^;

ところで、先日ハマリョウさんの記事リブログ時に、また書籍ご紹介させていただいたのですが、左の目次バーが第6章までしかスクロール出来ないんですよね。
アマゾンの紹介で、臨床試験の章があるのはわかるのですが、この章もとても有用な記事だと思っています。
http://ameblo.jp/lieber11/entry-12277892081.html


それにしても、サバイバーの仕事事情は、相変わらず厳しいですね・・・私も、どうなることやら・・・今年は正念場でありますが、いつかサバイバー時短勤務募集出来たら良いなと思って頑張っています。
絆祭り、やっぱり同行しようかな~

湘南さん。さっそくのご購入ありがとうございます。
IT企業の立ち上げですか。でももう70歳ですから、働き尽くめで人生を終わりたくはないですね。
『ここまできた重粒子線がん治療』を読み始めましたが、改めて放射線治療全般を概観するにも良い書籍ですね。
「強度変調放射線治療(IMRT)」の装置名称が「トモセラピー」で、「サイバーナイフ」は画像処理技術との融合された治療法「動体追尾放射線治療」、ガンマナイフはコバルト60を使った治療など。患者さんとしては混乱しやすい治療法や装置名称がわかりやすく解説されています。

湘南さんのインタビューも載っていますね。
「がんとの戦いは、とにかく情報収集。総括的に見て、情報を取って、優先順位を決める。それがすごく大事です。」との湘南さん言葉は、正に納得できます。
そうした情報収集の一助になればと考えて出版した次第です。

キノシタさん 10年の経過及びKindle本 御出版御目出とう御座います。
先日、横浜で会食した時に出版予定だとお話しされていたので楽しみにしておりました
本日購入させて頂きました。確かに癌との戦いは情報戦 どう言う情報を基に行動を起こすかでその後の人生が変わってくると言っても過言ではないですね。色んなリンクが張ってあるのは非常にありがたいです。飛びびたいサイトにすぐ飛ぶことができます。キノシタさんのITリテラシーの高さには只々驚愕するばかりです。IT系の会社を作られても大成功すると思いますよ。これからも有益な情報の発信期待しております。

やすさん、みのさん。
ご購入ありがとうございます。
みのさんのプロジェクトもすばらしいですね。
ご感想、改訂版への要望などありましたら、ぜひコメントください。
今後ともよろしくお願いします。

木下さん
オメデトウございます。実はまだ未読ですが・・・。自分が癌になった時から、ずっと参考というより頼りにさせていただいております。本当にありがとうございます。

卓越した情報収集で、ただ驚いてきました。私も、多少ITをかじった人間ですが、本当に感服しております。
是非、参考にさせていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。

売切れたら困るので、ソッコーでポチリました

ひぃさん。ご購入ありがとうございます。
難しい言葉を少しこなれた表現にすることも必要ですね。
改訂版では考えてみます。

>キノシタさんは何者なのか、より気になります。
確実に言えることは、「変わり者」でしょうね。


とっても分かりやすく書いてあります。
言葉の意味が分からなくても順番通りにやればよし。
パートだったのでまだ実践してませんが
ゆっくり勉強させてもらいます。
キノシタさんは何者なのか、より気になります。

金魚さん。ご購入ありがとうございます。
500円でも高すぎるかもしれません。

パソコンの初心者には結構敷居が高い間もしれませんが、広告ブロックだけでも怪しげな情報からの自衛になるかもしれませんね。

>そして、いつかやろうと思っていた「最新の「がん関係」ニュースを自動で取得する方法」!
そう、私も考えたことがありますが、フェイク情報をどう見分けるかが、難問ですね。

期待しています。

こんばんは~
ちょっと立ち直れない事があり・・・沈んでいましたが、こうしている場合ではない!
と早速購入いたしました♪
500円で良いのでしょうか???
ネット上から、怪しい医療が消える日はおそらく来ないので、自衛のための武器に最適ですね。
そして、いつかやろうと思っていた「最新の「がん関係」ニュースを自動で取得する方法」!
今度こそやろうっと・・・まだやって無いの?って言われそうですが(汗)

もこさん。
さっそくの購入、ありがとうございます。
取りあえず広告ブロックだけでも入れれば、ブログ村にいつも顔を出すひげの医者を見なくて良くなります。

幸いで出しは順調で8冊も売れています。100冊も売れれば合格点かな。

売れなくても良いから、友達に配るだけのKindle本を出す方もいるようですね。自分の生活史だとか闘病記を作って無料で出す。これも良いアイデアですね。

キノシタさん。
こんばんは。

ご出版、おめでとうございます。

お忙しい中、貴重な情報を世に公開共有して下さり、本当にありがとうございます。
ただ今、購入させて頂きました。
とても感動しています!
大切に読ませて頂きます。感謝申し上げます。
m(_ _)m

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 臨床試験の「治療開発マップ」 | トップページ | Win10にアップグレードでパソコン復調 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

スポンサーリンク

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング