« 膵がんの転移・浸潤に膵星細胞のオートファジーが関与 | トップページ | 医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ »

2017年5月15日 (月)

デスクトップPCがフリーズ

2012年3月に購入したデスクトップPCが、時々フリーズするようになって、Kindle本の出版作業に支障が出ている。ブルー画面も数回表示された。
マウスもキーボードも反応しなくなるので強制的にシャットダウンして、騙し騙し使っている。静電気の除去もしたが効果なし。

マザーボードのコンデンサが膨らんでいる感じがする。マザーボードを載せ替えることも考えたが、他の部品も劣化しているだろうし、USB2.0では時代遅れだ。

2007年:ドスパラで購入
2012年:マウスコンピュータで購入

だから、5年ごとに交換している。そろそろ買い換えの時期だろう。

OSはWindows 10 64bit Home Edition、CPUはCore i5 7500、SSD付きでハードディスクは1~2TB、メモリは8GB、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1050 の条件で一番安いところを探したら、今回はドスパラがよさそう。マウスコンピュータは i5 7500にまだ対応していない。

Magnate MS 89,980円  少し構成を変えて、96,098円になった。ディスプレイはなし。


スポンサーリンク

« 膵がんの転移・浸潤に膵星細胞のオートファジーが関与 | トップページ | 医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

やすさん。
癌もPCもアンダーコントロールにするには結構苦労します。

癌の話もパソコンの話もややこしいことがありますな

カスカビアンさん。
クリーンインストールは1年前にSSDに載せ替えたときにやっています。
レジストリやごみ掃除も月一はやっているので、今回はソフトの問題ではないですね。
予備のSSDでクリーンインストール時のクローンを取ってあるのですが、それと入れ替えても同じ症状だからハードの可能性が高いです。
Win7ですが、一度10の認証を通してあるので、無償でアップグレードできるはずなので、それを試してみる予定です。
それでダメなら新規に買い換えとなります。

キノシタさん、

PCは消耗品とお考え下さい。

H/Wのスペックに対するS/Wの要求レベルはどんどん上がって行きますので、現代のPCの寿命は2年と考えて良いと思っています。

又、フリーズ等の症状が出る場合、H/Wの問題よりはS/Wのゴミが原因の場合が大半です。一度データを全てバックアップしてからOSを入れなおしてみてはいかがでしょうか。クリーン・インストールし直すと一気に快適になるのは良くある話で、私の場合、テストマシンは別にして、ワークステーションは1-2年、サーバーは3年を目途にOSの入れ直しを行っています。

今日も先程今これを書いているメイン・デスクトップのWindows10の入れ直しが完了した所です。

このマシンも最後にH/Wに手を入れてから2年以上経過していましたので、Windows7の頃のゴミが山積しており、調子が悪くて困っていました。丁度先日からWindows10のメジャーアップデートが利用可能になりましたので、期を計っていました。

入れ替えにはどんなに頑張っても2日は掛かりますので、その間はサブPCが頑張って呉れました。データは全てサーバーかクラウドに入って居ますので、少しは楽をできました。

一度お試しください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 膵がんの転移・浸潤に膵星細胞のオートファジーが関与 | トップページ | 医者ががんになっても先輩患者の助言は役立つ »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

スポンサーリンク

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング