« 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 | トップページ | 第6回『すい臓がんカフェ』を開店します。 »

2017年5月30日 (火)

がん患者だって働きたい!

日経ビジネスの川井薫氏の記事、いいですね。身につまされます。

膵臓がんで余命1年を宣告されたが、抗がん剤が効いて3年生存している。しかし、嬉しいはずなのだが、貯金も使い果たして、働こうにも、こんながん患者を雇ってくれるところはない。いまは生活保護を申請している。

がんに勝ったのに生活破綻、そんなのあり?!

「がん患者は働かなきゃいい」と言い放った大西英男議員。発言は撤回せずに言い訳ばかりです。全がん連宛に「がん患者・元患者の皆様へのお詫び」という文章を送ってきたそうだが、内容はまったく反省なしの言い訳ばかり。「極めて限定された小規模零細飲食店での話しでした」というが、そうした店が飲食店の8割以上を占めていることをご存じないのだろうか。がん患者はもっと規模の大きな店で働けば良いという意味なのだろうか。

働き盛りの人ががんになったとき、治療費と生活の療法を心配しなくてはならない。家族の生活のために治療を断念する患者もいる。私の存じ上げている膵臓がん患者は、大手建設企業の社員だったが、がんになったことを告げるととたんに解雇されたんです。その会社は「健康長寿社会を実現するまちづくり」を提案している会社ですが、健康な市民しか要らないってことですかね。

膵臓がん患者の離職率は、他の癌腫に比べて2倍だという調査もあった。余命が短いことを覚悟して退職するのだろうが、なまじ治療の効果があって長期生存すると、それはそれで大変になる。せめて生活の心配をしないで、短い命を生ききりたいと思うのだろうが、この国はそうはさせてくれない。

政府の言う「働き方実行計画」も「がん患者が働くことのできる日本」も、まだまだ絵に描いた餅です。

« 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 | トップページ | 第6回『すい臓がんカフェ』を開店します。 »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

>ところで、今日のCT検査(術後4年7か月半)合格しました!
おめでとうございます。
5年も目の前ですね。

人手不足倒産も取りざたされているのですから、人口減の時代にはがん患者だって活用しなくてはね。

  「二人に一人が癌になる時代。こんなことでは働く人が足りなくなるのでは?」 と思ってしまう単純な私は、現在の難しい状況下で仕事をされている師匠をはじめとする皆さんを尊敬し、金魚さんのお仕事がうまくいくように願っています。 

 最近では《専業禁止!》という雇用条件の会社も現れたとか。「働き方の端境期?」だったら、病気の人もうまく働ける環境や働き方の工夫も出現してほしい。
 
 ところで、今日のCT検査(術後4年7か月半)合格しました!

ふじこさん。
困っている患者ほど、声をあげないのかもしれませんね。
障害者雇用法が改正されるそうですが、がん患者も障害者に認定して、企業が雇用を義務づけるようにならないでしょうか。

 川井氏の記事、切なすぎます。そして、「私は恵まれているな~」と、何だか申し訳ないような気さえ・・・
 取りあえず、体調を整えて今週金曜日のCT検査を受け、いつか何かの役に立てるように生きていこう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 | トップページ | 第6回『すい臓がんカフェ』を開店します。 »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ