« GWはKindle本の出版準備で | トップページ | 奇跡のシェフ-がんと14年間共存 »

2017年5月 8日 (月)

セカンドオピニオン・アドバイザー

がんと診断された患者が、自らの病状や治療方針について他の医師の意見を求める「セカンドオピニオン」へのニーズが高まっています。しかしながら、主治医を疑っていると思われたくないなど主治医への気遣い、いざ「セカンドオピニオン」を受けようとしても、探す方法が判らないなどの理由から、「セカンドオピニオン」を受けないまま不安を抱え治療に進む患者も多いのが現状です。
そんながんと診断された患者が、簡単に最適な「セカンドオピニオン」を探すことの出来る新サービス『セカンドオピニオンアドバイザー』が、5月10日(水)よりスタートすることになりました。

って記事が。こちらにリンク

しかし、アドバイザー料金が5万円とはちょっと。セカンドオピニオン料金3万円を足したら8万円ですからね。金額はともかくとして、築地のがんセンターの患者ががん研有明を紹介されても、同じ標準治療しかないのだから、同じ診断しか出ないでしょう。

どういう基準でどうのような医療機関を紹介してくれるのかが肝心ですが、それへの言及がない。

確かに主治医にセカンドオピニオンを受けたいと申し出にくい患者には、あるていど敷居が低くなるのかもしれない。

« GWはKindle本の出版準備で | トップページ | 奇跡のシェフ-がんと14年間共存 »

がん一般」カテゴリの記事

コメント

金魚さん。
がん支援相談室は「待ちの営業」ですからね。
もっと患者のところに行って積極的な営業をしなくては。
「早期からの緩和医療」といい、理想と現実の乖離がひどすぎます。

セカンドオピニオン・アドバイザーに5万円・・・アリエナイ。。。
がん支援相談室がいかに機能していないかという、残念な話しの延長にあるんでしょうかね・・・
むしろ、キノシタさんに相談した方が良いでしょう。。。

Kindle本購入の方で、自分で調べて、支援室を通じて病院に依頼するとかね。。
医療者は、もっと恥じ入りべきですね。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GWはKindle本の出版準備で | トップページ | 奇跡のシェフ-がんと14年間共存 »

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ