« 逆走 | トップページ | GEMと重粒子線の併用先進医療-神奈川県立がんセンター »

2017年7月 9日 (日)

今日はN響定期演奏会へ

オーチャードホールでのN響95回定期演奏会へいってきました。

指揮:マルティン・ジークハルト
チェロ:クレメンス・ハーゲン

  • エルガー/チェロ協奏曲 ホ短調 作品85
  • ブラームス/交響曲 第1番 ハ短調 作品68

Top_951

指揮者のジークハルトはウィーンフィルの元首席チェロ奏者、チェロのクレメンス・ハーゲも世界で最も注目されているチェロ奏者の1人。この二人のコラボで、エルガー/チェロ協奏は期待以上の演奏でした。

エルガーのチェロ協奏曲といえば、若くして亡くなったジャクリーヌ・ジュプレの十八番でしたね。

ブラームスの第一番はベートーヴェンの第10交響曲とも言われるように、第4楽章の「歓喜の歌」に似た主題が使われていて、サントリーのピュアモルトウイスキー「響」はこの楽章をイメージして開発されたのだとか。

20170709_151408

20170709_150244


スポンサーリンク

« 逆走 | トップページ | GEMと重粒子線の併用先進医療-神奈川県立がんセンター »

下手なチェロ好き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 逆走 | トップページ | GEMと重粒子線の併用先進医療-神奈川県立がんセンター »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

膵臓がんランキング

  • あなたは独りではない。闘っているたくさんの仲間がいます。

膵臓がん お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

ブログ村・ランキング