パソコン・インターネット

2017年7月23日 (日)

Windows10でデュアルブート環境を

稲田防衛大臣って美人の部類なんでしょうね。変に似合ってる鯖江のメガネ、リボンベルトや高価なブランドもので身を包み、追求されたら涙を流し・・・。女性には嫌われるタイプだろうか。

先日の報道ステーションは秀逸でしたね。

と、かつてのたまわった稲田氏。超ブーメラン(T_T)でわ。これが将来の総理大臣候補とは、なんとも馬鹿にしていて嘆かわしい。

でも、動画で久しぶりに笑えました。(*^▽^*)


今日は半日かけてパソコンと格闘。Windows10でデュアルブート環境をつくる必要があって四苦八苦。

1. EaseUS Partition MasterでDドライブに起動用のパーティションを作って、

20170723005

2. EaseUS todo Backupで、Cドライブのクローンを、新しいパーティションに作る。

20170723006

3. EasyBCDで、ブートローダーに登録する。

20170723007_2

4. 同じOSで2つのブート領域が完成。

20170723_165227

と書くと簡単だが、ここまで行き着くのに試行錯誤が大変だった。
CドライブはSSDが入っているが、新しい起動ディスクはHDDです。HDDの起動速度の遅さを改めて認識。2つ作っておけば万が一のトラブルにもパソコンが使えます。

2017年7月20日 (木)

パスワードを定期的に変えてはいけない

A80f1d6c6827958816c7034215236676_s

銀行などから「30日間パスワードが変更されていません」と、お節介なお知らせが来るが、全て無視している。じゃぁ、私はどのようにパスワードを管理しているかというと、

  1. 15文字以上のアルファベット・数字・記号を組み合わせて推測が困難なパスワードを使う
  2. 同じパスワードの使い回しはしない
  3. ブラウザに「パスワード保存」はしない
  4. パスワードの管理は、LastPassIDmanagerで行い、Masterパスワードだけを記憶しておく
  5. インターネットバンキングはワンタイムパスワードを併用し、フィッシング詐欺対策として、銀行推奨のアプリはインストールしておく(万が一被害に遭っても銀行からの補償を受けられる)

だいたい、パスワードや暗証番号が盗まれたら、数時間後には預金は引き出されているだろうから、月一でパスワードを変更するのは、何の対策にもなっていません。それに忘れやすい。

忘れないために、Excelに記録しておくなんてことをしている方もいるが、エクセルのブックにパスワードを設定している人はどれほどいるのだろうか。付箋に書いてPCに張り付けておくなんて、最悪ですね。

頻繁にパスワードの変更を催促しても、一文字変えたパスワードを使い回しているのが実情ではないでしょうか。

News Week 日本語版に、こんな記事が載りました。

「パスワードは定期的に変更してはいけない」--米政府

米政府機関はもう、パスワードを定期的に変えるのを推奨しない。アメリカの企画標準化団体、米国立標準技術研究所(NIST)が発行する『電子認証に関するガイドライン』の新版からルールを変更する。

ウェブサイトやウェブサービスにも、サイトが乗っ取られたのでもない限り、「パスワードが長期間変更されていません」などの警告を定期的に表示するのを止めるよう勧告するという。銀行や病院のように人に知られてはいけない個人情報を扱う機関も同じだという。

これ、常識的で実情に合った勧告ですね。しかし64文字以上の「パス フレーズ」も敷居が高い。当面は15文字程度のランダムな組み合わせでパスワードを生成していこう。

2017年5月22日 (月)

Win10にアップグレードでパソコン復調

デスクトップPCがしょっちゅうフリーズしていたのだが、先週Windows10にアップグレードしたら、調子が良くなった。

昨年のWindows10への無償アップグレード期間中に、マイクロソフトのお節介に反発しながらも、一度10にアップグレードして再び7に戻してあった。こうすれば個別のPCのライセンス・プロダクトキーがマイクロソフトに送信されて、無償アップグレード期間後でも再アップグレードが無料でできる。(こんな面倒なことをやっている人は少ないだろうなぁ)

これを利用して、すんなりとWindows10に無償アップグレードができた。フリーズがほとんどなくなったが、イマイチ動作が不安定。どうやらKORGの USB DAC DS-DAC-100m のドライバーが原因らしいと思えたので(こいつが直近に追加した周辺機器なので)、ドライバーを再インストールしたら快適に動作している。

問題は、2008年に買ったキヤノンのスキャナーLide 200のドライバーがOS 8.1までにしか対応していないこと。ダメモトでと、OS8.1 64bitのスキャナドライバーとスキャナアプリMP Navigator EX Ver. 2.05 をインストールしたら、問題なく動いている。

やよいの青色申告はWindows10対応に買い換えたので、これで動作しないアプリはなくなった。

やれやれである。

Kindle本-出版しました

Hyosi

2017年第2版に改定しました。

やっと完成しました。
がん患者のためのインターネット活用術

最初にお断りを。
この本には治るための必殺技とか、「魔法の弾丸」のような代替療法、これでがんが必ず治る、というようなことは書いてありません。どうすれば悪徳な広告に騙されずに、信頼のおける情報に早くたどり着けるのか、集めた情報をどのように整理し活用するのかという、がんと闘うためのパソコンのスキルとノウハウを紹介した本です。私が10年間実行して、がんとの闘いに役立つと確信しているスキルを”惜しみなく”紹介しています。

Kindle端末を持っていなくても、パソコンやスマホで読むことができます。

続きを読む "Kindle本-出版しました" »

2017年5月15日 (月)

デスクトップPCがフリーズ

2012年3月に購入したデスクトップPCが、時々フリーズするようになって、Kindle本の出版作業に支障が出ている。ブルー画面も数回表示された。
マウスもキーボードも反応しなくなるので強制的にシャットダウンして、騙し騙し使っている。静電気の除去もしたが効果なし。

マザーボードのコンデンサが膨らんでいる感じがする。マザーボードを載せ替えることも考えたが、他の部品も劣化しているだろうし、USB2.0では時代遅れだ。

2007年:ドスパラで購入
2012年:マウスコンピュータで購入

だから、5年ごとに交換している。そろそろ買い換えの時期だろう。

OSはWindows 10 64bit Home Edition、CPUはCore i5 7500、SSD付きでハードディスクは1~2TB、メモリは8GB、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1050 の条件で一番安いところを探したら、今回はドスパラがよさそう。マウスコンピュータは i5 7500にまだ対応していない。

Magnate MS 89,980円  少し構成を変えて、96,098円になった。ディスプレイはなし。

2017年5月 7日 (日)

GWはKindle本の出版準備で

GWも今日で終わり。国営ひたち海浜公園に行ったきりで、あとは家でごろごろ、でもなく、Kindle本の出版を目指して執筆に費やしていました。

来月で膵臓がんの手術後10年になるので、何か記念になることをしようと思い立ち、最初は闘病記を出版しようかと。でも、闘病記は売れない。闘病記の売れる条件というのは、『悲劇の花嫁』とか、主人公が亡くなって、こんなにがんばったけど最期は悲劇のヒロインで終わる。主人公は女性がよい。これでないと売れません。古稀に手が届くまで生き残った爺さんではダメなんです。

それで、ありそうで、なかった本

Hyosi_3

がん患者が、インターネットを活用してがんと闘うためのノウハウとスキルを詰め込んでいます。私がこの10年間、がんに関する情報を集めてきたスキルです。ほとんどはこのブログで紹介済みの内容ですが、インターネットの世界はすぐに情報が古くなることもあり、あちらこちらに分散している記事を見直して、書き加えたものです。

タイトルは『がん患者のためのインターネット活用術

「どうしてこんなに情報が早いのか?」とか、「こんな本をよく探してくるよなぁ」、「一日中ネットサーフィンでもやってるの?」と言われることがありますが、そんなことはありません。現役で仕事をしながらの闘病でしたから、ネットを徘徊する時間も多くは取れません。しかし、この本で紹介したスキルとツールを活用すれば、短時間で目当ての情報にたどり着けます。必要な情報は向こうからやってくるのです。情報の保存と活用もツールに任せています。しかも全て無料のサービスしか使っていません。

原稿も9割方できあがったが、なにしろKindle本の出版は敷居が高い。原稿書きと校正、表紙のデザインに図の挿入と配置、Amazonへのアップロードと価格の決定・・・。紙の本なら、原稿を渡せばあとは出版社がやってくれる作業を、全て自分でやらねばなりません。

なんとか5月中には完成して出版にこぎ着けたいと思います。ミリオンセラーは望んでいません。(あり得ないけど)

がんとの闘いは情報戦。情報戦にはそれなりの優れた武器が要るのです。

2017年4月 6日 (木)

格安SIMに乗り換えた

携帯電話をdocomoから楽天モバイルの「050データSIM」に乗り換えた。

電話代に1,500円/月以上は絶対払わない!

携帯電話同士の通話料って、めちゃ高いよね。今格安SIMが人気です。大手の携帯電話に月6,000円以上も払っているのは勿体ない。なにしろ私はほとんど電話を使わない。こちらの都合を考えないで勝手にかかってくるからきらいである。携帯電話がなくても、大事な要件なら固定電話にかけてくるだろう。

かと言って、スマホがないのも何かと不便だ。データSIMだけあれば良いのだが、出先で家族との連絡などは必要なときがある。

で選んだのが、楽天モバイルの「050データSIM」

3.1GBで月額1,020円(税別)も魅力だが、Viber Outを使った他の携帯へは約10円/分、固定電話へは3円/分という安さだから、遠距離の固定電話へは格安になる。IP電話なのに050-の番号も相手に通知される。LINE OUTは番号が相手に通知されない。

20170403001

Viberとの認証も簡単にできた。

通話品質はWiFi環境だと携帯電話どうしと違わない。LTEでは若干タイムラグがある(1秒ほど)が、通話に支障はなかった。

Viber Out で架けるときには、前もってクレジットを買っておく必要があるが、これも簡単であった。取りあえず500円分(ドル建て)を購入。

この番号は家族・友人以外には教えない。

トラブル
ところがWiFiでは送受信できたのに、LTE回線になると送受信ができない。「接続されていません。インターネットへの接続を確認し、もう一度お試しください」のメッセージが出て切れてしまう。

Viber Outで送受信できないときの対処法

Viberのメニューから「設定」をタップする。

20170402_071948

「一般」をタップする。

20170402_071958

「WiFi - スリープポリシー」をタップする。

20170402_072007

Viberをインストールしたときのデフォルトでは「常時接続」になっていて、常にWiFiでインターネットで繋がろうとしている。

20170402_072022

通常は下図のようにデバイスのWiFi設定を自動切換にしてあると思うが、WiFiに繋がっているときには問題がないけど、LTEに切り替わってもViber側は強制的にWiFiで繋がろうとして送受信できなくなるのです。

20170402_073339

このチェックを外しておいても、LTE回線に手動でつなげば、同じようにViberはWiFiで繫げようとするので、送受信できないのです。

「デバイスの設定を使用」にチェックを入れると、デバイス側の設定に対応して正常に繋がるというわけ。

20170402_072029

楽天モバイルもViberにもそうした説明をした箇所がない。(見つけられなかっただけかもしれないが)

普通の通話SIMでも「楽天でんわ」アプリを使えば格安でかけることができる。

2017年3月20日 (月)

すい臓がん診断アプリ

iPhone版だけど、こんなアプリがあるんだ。私のスマホはAndroidだから確認していないが、初期症状に乏しい膵臓がんをどうやって診断する? 血糖値? 過体重?
どれも決定打じゃないよなぁ。

Image_002

2017年2月25日 (土)

foobar2000でDSDネイティブ再生<自分的覚書>

自分用の覚書です。

ネットワークステレオのサブ機で使っていたDACをKORGのDS-DAC-100mに交換した。Audiogate4は音は良いのだが、どうにも使い勝手が悪い。

foobar2000でDSDネイティブ再生ができるように設定したが、ネット上の情報が混乱し、古いので手間取った。今後の参考のために記録しておく。

KORGのDS-DAC-100、DS-DAC-100mを対象にしているが、他のDoP非対応のDACでも同様に使えるはずです。

以下の環境で検証しています。

  • Windows7 及び 10
  • KORG DS-DAC-100 及び100m
  • foobar2000 v1.3.14
  • ASIO suppert(foo_out_asio)  v2.1.2
  • Super Audio CD Decoder(foo_input_sacd) v1.0.6
  • ASIOProxyInstall v0.8.3

インストールするコンポーネントは上の赤字の三つ.

KORGの質問コーナーに、

・DoPに対応していますか?
DS-DAC-10、DS-DAC-100、DS-DAC-100mはDoPに対応しておりません。DSDネイティブ再生を行うには、WindowsではAudioGate 4(推奨)など、ASIO2.1のDSDオプションに対応したプレーヤーをお使いください。
DS-DAC-10RはiAudioGate for iPhoneによるDoP再生に対応しています。

と書かれています。

また、Super Audio CD Decoderは、バージョン0.9.7以降からDoP方式のみの対応となり、ASIO2.1によるDSD Direct方式は使えなくなりました。

しかし、旧バージョンの ASIOProxyInstall v0.8.3 を使えばSuper Audio CD Decoderの最新版をインストールしてもDoP非対応のDACでDSD Direct設定ができました。

フリーウェアは頻繁にバージョンアップされるので、古い危機に対応するには工夫が必要です。

以下の設定で上手くいった。

続きを読む "foobar2000でDSDネイティブ再生<自分的覚書>" »

2016年12月18日 (日)

パソコン不調の結末

結局OSの再インストールになってしまった。
土日をこれに費やしたが、ほぼ元通りに使えるようになった。

Office2010を入れていたのだが、Windows Updateでオフィス関連の更新ファイルがまったく更新できない状態が続いていた。
このままではスパイウエアに罹る可能性もある。何とかしようとしたが、だめ。アンインストールしてOffice2013にアップしようとしたが、アンインストールすらできなくなった。

バックアップからのリストアをしても、ブートエラーで起動すらしない。

この時点で諦めて、OSの再インストールをすることに。

結果は、Cドライブの中もスッキリ。

数年に一度はCドライブを断捨離するのも良いかもしれない。

データは、外付けハードディスクとクラウドに二重にバックアップしてあるので、まったく困ったことにはならない。これやってないと、顔色真っ青、心臓ぱくぱくになってしまう。

さて、『すい臓がんカフェ』のプロフィールを印刷をしようか。

より以前の記事一覧

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ