このブログについて

 膵臓がんサバイバーへの挑戦

このブログは、膵臓がんになった私が、「がんからの生還者」となるために記した『旅日記』です。闘いの過程で考えたこと、行動したこと、そして「今ここに」生きている日々を楽しく過ごしたことを記したものです。

最近の記事から読んでいただいても良いし、ガンの告知を受けた最初の記事からたどっていただくもよし。

最近始めたばかりのチェロに関する記事もあれば、永らく撮ってきた写真も所々にアップしてあります。

その時々の、がんに関する知識や情報、病気と治療方法への迷い、知り得た知識、人生とは何か、死に対してどのように対峙するべきか。迷いながら悩みながらの旅日記です。

  最初の記事(2007年6月11日)へ

  最近の記事へ

 

ブログの内容について

代替療法・治療法に対する評価は、最初の頃とは私の考えが変わった部分がたくさんあります。なにしろ、がんの「若葉マーク=初心者」のころには、手当たり次第に治療法を探していましたから、おかしげなものを肯定的に評価した部分もあります。帯津良一氏への評価などはその代表的なものです。(がんと言われて帯津氏の本を手にしない患者は少ないでしょう)あるいは、個別の記事を比較すれば矛盾のある場合もあります。しかし、私のお粗末な思考の変遷の証として、そのような記事も訂正はしないでおきます。

このブログに書いた内容は、私が現在考えていることであり、将来も同じであるとか、これが唯一の正解だとかという性質のものではありません。クリティカル(批判的)に読んでいただければと思います。

コメント・トラックバックについて

トラックバックは受け付けておりません。スパムのトラックバックがほとんどなので、削除に余計な手をかけたくありません。

コメントにはなるべく返信をするように心がけますが、すべてに返信するとお約束はできません。深刻な相談や疑問には、文章を考えるだけでも相当の負担になるので、申し訳ないですが返信しないことが多いと思います。たかだか数百文字で書かれたコメントから行間を読んで、その方の現状を推測して適切な回答をするなどという芸当は、私にはできそうもありません。ご理解していただければ幸いです。

著作権について

リンクはフリーです。連絡も必要ありません。

また、ブログに書いた内容は自由に引用、転載して結構です。著作権は主張しません。ただし、私が他人の文章を引用している場合は、その方の著作権を尊重してください。

ブログ内の写真の著作権は放棄しておりません。個人的使用に限っては自由にご使用ください。転載・配布などの行為は一切認めません。

がんの本-リンク

  • がん患者が選んだがんの本

サイト内検索

膵臓がんブログ・ランキング

膵臓癌 お勧めサイト

アマゾン:商品検索

がんの本「わたしの一押し」

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想